テーマ:児童文学研究者

4巻目は

吉田先生の『連続講座<絵本の愉しみ>』(朝倉書店)は、 現在3巻出ています(^.^) 1巻目は、 『アメリカの絵本 ―黄金期を築いた作家たち』 アメリカの絵本 ―黄金期を築いた作家たち― (連続講座〈絵本の愉しみ〉 1)朝倉書店 吉田 新一 Amazonアソシエイト 2巻目は、 『イギリスの絵本 (上) ─伝統…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国ツアー

先日、赤羽茂乃さんから、 来年のツアーのご案内をいただきました(^.^) 赤羽末吉が描いた絵本『あかりの花』のふるさと <中国雲南・貴州 一面の菜の花畑とミャオ族の村々を歩く8日間> 旅行期間 2019.2.25(月)~3.4(月) 旅行代金 289,000円 申込締切 2019.1.25(金) あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリスの絵本

吉田新一先生の著作<連続講座 絵本の愉しみ>『イギリスの絵本』(朝倉書店)の下巻が、 やっと来週出版されます(^_^;) それに先立って、昨日、朝倉書店の方が持ってきてくださいました。 下巻に収められている作家は、アーディゾーニ、バーニンガム、クエンティン・ブレイク、 そして上巻の続きでビアトリクス・ポターです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清水眞砂子さんの新刊

『本の虫ではないのだけれど』『不器用な日々』につづき、 <日常を散策する>のⅢ 『あいまいさを引きうけて』(清水眞砂子/著 かもがわ出版)が出版されました(^.^) あいまいさを引きうけて (日常を散策する 3)かもがわ出版 2018-05-27 清水 眞砂子 Amazonアソシエイト by 今回も面白いです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下巻は、、、

吉田先生からメールをいただきました(^o^) 『イギリスの絵本』下巻(吉田新一/著 朝倉書店)の初校中だそうな。 順調にいけば10月出版とのこと。 ふむふむ~ 朝倉書店の方も秋には・・・(^_^;) と仰っていた。。。 でも上巻も、 5月に出ます~と吉田先生からお知らせいただいて、 結局、6月下旬だったか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田先生の新刊

事前にご予約もたくさんいただきました吉田先生の 『イギリスの絵本 上 伝統を築いた作家たち』<連続講座 絵本の愉しみ②>(吉田新一/著 朝倉書店) イギリスの絵本(上): 伝統を築いた作家たち (連続講座〈絵本の愉しみ〉 2)朝倉書店 吉田新一 Amazonアソシエイト by 後で じっくり読みたいのですが、 とりあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出版のお知らせ

今日は、 恐れていたほどの強風ではなく、 植物たちも大丈夫だった模様(^。^)ほっ さて、 うちの<児童文学サロン>でもお馴染み吉田新一先生の著作、 シリーズ<連続講座(絵本の愉しみ)>(朝倉書店)の第2巻が やっと発売されます 1巻目からの待ち時間、長かったわぁ~ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入ってきました!

やっと瀬田さん生誕100年記念関連の本が入ってきましたぁーーーーーー\(^O^)/ これこれ、待ってました!!↓ 読むぞぉーーー しかし、当然ながら分厚いです(^_^;) 504ページ 子どもの本のよあけ―瀬田貞二伝 (福音館の単行本)福音館書店 荒木田 隆子 Amazonアソシエイト by …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬田貞二生誕100年記念

今年は瀬田貞二さん生誕100年の年でした(^o^) ですから、うちのお店でも、ちょこちょこ瀬田さん絡みの本を展示して、 買っていただきました(*^。^*) で出版界は動かないのぉーーー? と思っていたところ、 やっと嬉しいことが!! 生誕100年の記念として来年1月に福音館から、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマゾンより早い!

今日、吉田新一先生の新刊『アメリカの絵本 黄金期を築いた作家たち』(吉田新一/著 朝倉書店)が納品されました! amazonは、まだ予約受付中になっているので、 amazonより早い(^^)v というのも、 出版元である朝倉書店営業部次長のSさんが、 直接持って来てくださったからです\(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美術館へ

昨日は、お休みをいただいて、 八ヶ岳小さな絵本美術館と 白州の薮内正幸美術館に行ってきました 竜太さんの所だけなら、 うちが休みの火曜に行けばいいんですが、 今回は、 小さな絵本美術館でやっている <子どもの本の世界を切り拓いた瀬田貞二展 -こころに響くことば-> を見た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルー

やっと鉢に植えたルー↓ 先日、細川さんにいただきました ルーは、 『時の旅人』(アリソン・アトリー/作)では、 ヘンルーダという和名で出てくるハーブです(*^。^*) 柑橘系の結構強い香りがします。 独特の香りなので、苦手な人もいるかな? 私は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬田さん特集

「この本読んで!」2016夏第59号(出版文化産業振興財団)の特集は、 ~~生誕100年 瀬田貞二のまいた種~~ です(^o^) 先月のよみっこの会の時に、 メンバーに紹介して、 そのあと、 ここでもご紹介~\(^o^)/ と思っていたら、 紹介する前に買っていただいちゃって(^_^;) いつもより多く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

来月のサロン

来月は皆様お待ちかねの吉田先生のサロンです(^o^) <理想の絵本-アメリカ絵本の黄金期から学ぶ> 今回は、 なぜアメリカで1920年代から、画期的な絵本が出始めたか、 石井桃子さんが師と仰いだバーサ・マホーニ・ミラーさん(「ホーン・ブック」を刊行した)のことなどを交えながらお話いただきますo(^o^)o ○講師…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池田先生から

時々、児童文学サロンをお願いしている池田正孝先生から 映画のご案内がきました(^o^) 去年ご案内いただいたのは、 「なまいきチョルベンと水夫さん」 リンドグレーンの『わたしたちの島で』(岩波書店)の映画で、 うちのお客さまは、結構みんな楽しんでくださいました\(^o^)/ 児童文学ファンではないTさんも かな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

絵本の森美術館

吉田新一先生が名誉顧問をされている 絵本の森美術館(軽井沢)で <ピータービットの世界>展が、始まってますよ~(*^。^*) ピーターラビット研究の第一人者である吉田先生監修のこの展示は、 美術館開館25周年の記念企画。 吉田先生の資料を95%使ってるそうな! 前期:2015年3月5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島多代さん

今年の4/29~5/31までの間、計23回に渡って <時代の証言者 絵本と生きる 島多代>が、 読売新聞に連載されました。 読売を取っている方に切り抜きをお願いしていたんですが、 23回も続くと思っていなかったらしく、 途中までしかいただけなかったので、 先日Oさんに切り抜きを貸していただきました(^.^) 島さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日のサロンは・・・

昨日は、 吉田新一先生のサロンでした(^.^) 今回は、エッツの絵本をみんなで楽しみました いつも通り、吉田先生の解説ともに パワーポイントを使って、絵本の画をじっくり見ていく・・・ はずでした(笑) でも、 一旦下で用を済ませて戻ると、 なんだか様子が変。 ん?{%顔文字?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来月の児童文学サロン

覚悟はして帰ってきましたが、 洗濯ものは、悲惨なことに・・・ やり直せばいいんでしょーーーーーーーーーーだ!(ー_ー) さて、気をとり直して 来月は皆様お待ちかねの吉田先生のサロンです(*^。^*) 今回は、『わたしとあそんで』『もりのなか』(ともに福音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島さんのコレクション

昨日は、またしてもバタバタな一日でございました。 午前中は、買い出しやら、お客さまへの本の発送やら・・・ 午後は、教文館ナルニア国の企画展を見て それに関連した講演会にも行ってきました(^○^) 展示は、 <島多代の本棚から -絵本は子どもたちへの伝言> 会期 2014年5月27日(火) までです(^◇^) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巻頭~ひろば

今月号「こどもの図書館」(児童図書館研究会)の巻頭は、 吉田新一先生でしたね(^。^) 与田準一氏の訳業について書かれているんですが、 吉田先生の声と、語り口が聞こえてくるような文章です(*^_^*) 吉田先生のスケジュールを伺うと 今年もご講演に全国飛び回る! という感じです。 そのご多忙な中、 今年もうち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田新一文庫

しばらく前、 県立のYちゃんが、<吉田新一文庫>に行ったことがないという話が出て、 なんだか急に軽井沢に行くことになり・・・(笑) ま、吉田先生がいらっしゃらないなら止めか? めちゃめちゃ急だし、 講演会で各地に飛び回っていらっしゃるから、無理よねえ~(^_^;) と思って、伺ったら・・・ なんといらっしゃると! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田先生のサロン

昨日は、吉田新一先生の児童文学サロンでした(^○^) 今回は、 マーガレット・ワイズ・ブラウンの絵本についてお話しいただきました。 いつものことですが、先生に読んでいただくと、 新しい発見が多々あります 昨日一番感じたのは『せんろはつづくよ』(ジーン・シャロー/絵 与田準一/訳 岩波書店)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

7月の児童文学サロン

7月は皆様お待ちかねの吉田先生のサロンです(^.^) 明日10時から受付開始となりますので フライングにご注意くださいね(^.^) 今回は、 『ぼくにげちゃうよ』(ほるぷ出版)、 『おやすみなさいおつきさま』(評論社)など 100冊以上の作品を生み出し、 42歳という若さで亡くなったマーガレット・ワイズ・ブラウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田先生のサロン

昨日は、吉田新一先生の児童文学サロンでした(^.^) 今回は、、、 絵本の魅力~マーシャ・ブラウンの絵本 ということでお話していただきました。 マーシャ・ブラウンの19作品について いつものようにパワーポイントを使ってのお話。 中でも興味深かったのは、未邦訳の 『ろばのタマリンドウ!』 と 『アルファベット…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イギリスの現代絵本

今日は、吉田新一先生の講演会に行ってきました\(^o^)/ ラッキーにも丁度お休みの火曜だったので、 休日にやらねばならぬ買い出しやらなにやら、 前倒し前倒しでクリアし、めでたく講演会参加を果たしました(笑) 会場は日高市立図書館 日高市立図書館は、 私が図書館員だった頃から、 いろいろな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の追記

昨日書き忘れたこと・・・(^_^;) <吉田新一文庫>にて JJ~喜ぶのじゃぁ~ あの充実の蔵書の中に、 なんと、 『キラキラ読書クラブ -子どもの本644冊ガイド-』(キラキラ読書クラブ/編 日本図書センター)が そして、 吉田先生の立派な経歴の中に <川越市立図書館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽井沢へ

今日は、軽井沢へ行ってきました 目的は、 絵本の森美術館内にある<吉田新一文庫>とポール・スミザーさんの<ピクチャレスク・ガーデン>、そしてずっと行ってみたかったレイクガーデン。 残念ながら、 吉田先生は講演会のため、お会いすることはできませんでしたが、 やっと<吉田新一文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あった!

先日、CD12枚くらい捨てたかも~ というマヌケな話を書きましたが、 なんと、 そのCDありましたぁーーーーーーーーーーーー\(^o^)/ ここに入れておくと間違って捨てちゃうかも~ っていうんで、 全然違うところに避けたんでした(^_^;)(^_^;) 本当におバカ(笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつもひょっこり

今日は、またまたひょっこり吉田新一先生が来てくださいました\(^o^)/ 2日にナルニアで、 ブライアン・オルダーソンさん(英国の児童文学研究)の講演会がありますが、 オルダーソンさんと先生は長いおつきあいだそうで、 講演会前後もお会いになるそうな。 明日来日されるのかな? ということで上京されたついでに寄ってく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more