テーマ:読み聞かせ

おだんごぱん

時々来てくれるお父さんとちびちゃん。 今日は午前中に来てくれました(^.^) 今日もお父さんは絵本選び。。。 もうすぐ4歳になるちびちゃんは、お店にあるおもちゃでごっこ遊び。 私は、やってしまわねば!の仕事をしつつ、 様子を見て・・・ 取り急ぎの仕事はなんとかなったので、 ちびちゃんに 絵本読む?{%ウィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会Ⅱ(2)

27日は、絵本を楽しむよみっこの会Ⅱの第2回目でした。 今回は、読み進めている『えほんのせかい こどものせかい』(松岡享子/著 日本エディタースクール、文芸春秋)に入る前に、 前回出た質問で保留のものがありましたので、 その回答から。。。 ひとつめの質問は、 ○『むぎばたけ』(アリスン・アトリー/作 片山健/絵 福音館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロングセラー絵本の力

9/21の新聞に少年院での読み聞かせの記事がありました。 以前ご紹介した奈良少年刑務所ではなく、 別の場所、別の方の記事です。 震災などで心に傷を負った子どもたちのケアについて学んだ司書の方の実践が紹介されていました。 その中で、 『チムとゆうかんなせんちょうさん』(エドワード・アーディゾーニ/作 瀬田貞二/訳 福…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもたちの幸せは・・・

子どもたちの辛い事件が、減りませんね。。。(>_<) どうしたらいいのか。 根本的なところから変えていかないとダメな気はします。 そんな中、うれしいこともありました。 しばらく前、うちのお店の取材にいらしたライターさんは、 子育て中のお母さんだったんですが、 取材当日は、 相変わらず、私は余計な話も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

児童文学サロン番外編

昨日は、 <支援学校支援学級での読書活動~子どもたちと教師と実践者が共に笑顔の時間> ということで、 佐藤凉子さんにお話を伺いました(^.^) 凉子さんは、毎年2/2にストーリーテラーとしてお越しいただいていますが、 今年は、1年に2度もお願いしちゃいました(^-^; 図書館員としても大大先輩の凉子さん。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会Ⅱ

先日から、 <絵本を楽しむよみっこの会Ⅱ>をスタートしました(^.^) Ⅰは、『絵本論』(瀬田貞二/著 福音館書店)を読み進めながら、 子どもにとって 良い絵本とは? 何を残し、何を手渡していけばいいのか・・・などを考えていきました。 『絵本論』はとてもボリュームのあるものなので、 2年以上かけて読み終わりました(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもたちと絵本を読むということ

先日、正置友子さんの『メルロ=ポンティと<子どもと絵本>の現象学 -子どもたちと絵本を読むということ』(風間書房) を読みました。 メルロ=ポンティと〈子どもと絵本〉の現象学: 子どもたちと絵本を読むということ風間書房 2018-10-15 正置友子 Amazonアソシエイト 久々に、 子どもを主軸に考えてくれる研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読み聞かせ実践ガイド

先月、 東京子ども図書館から『よみきかせのきほん 保育園・幼稚園・学校での実践ガイド』が出ました。 対象別に読み聞かせに向く絵本が紹介されています。 当店でももう既にちょこちょこ買っていただいていて、 今日も買っていただきました\(^O^)/↓ よみきかせのきほんー保育園・幼稚園・学校での実践ガイド (TCLブックレット)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本は心のへその緒

しばらく前、 ブックスタート事業のことを書きました。 この事業に関わる方は、 絶対、 『赤ちゃんと絵本をひらいたら -ブックスタートはじまりの10年』(NPOブックスタート/編著 岩波書店) を読んでから参加して欲しいということも 何度か書いているかもしれませんが(^_^;) すぐには読めない(>_<)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブックスタート

前の号の「広報川越」(平成30年9月25日号)の表紙を見ていただけたでしょうか? 川越の図書館が実施している事業<ブックスタート>が、 15周年を迎えたということで、 保健センターで行われている様子が表紙になりました。 広報に取り上げてもらうのは、 意外と大変なので、 後輩たちが、がんばってくれました!{%拍手web…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会no.20

子どもたちにどんな絵本を手渡していけばいいのか・・・ なんとか選ぶ目を養ってほしい。 よみっこの会は、そんな思いをベースに 毎回『絵本論』(瀬田貞二/著 福音館書店)を読み進めながら、 みんなで考えてきました。 2015.6月から隔月でやってきたこの会も先日が20回目、最終回になりました。 とうとう、前回であの分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会no.19つづきのつづき

今回読んだ絵本は・・・ Oさん 『しずくのぼうけん』(マリア・テルリコフスカ/さく  ボフダン・ブテンコ/え うちだりさこ/やく 福音館書店) しずくのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ)福音館書店 マリア・テルリコフスカ Amazonアソシエイト by Mさん 『ピーターのいす』(エズラ=ジャック=キーツ/作  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会no.19つづき

先日、 『チムとゆうかんなせんちょうさん』は、 草稿と初版と改訂版、 3パターンあります。。。 っていうところで、 報告が終わっていたと思いますが、 今日はその続きです(^.^) 現在日本で流通している『チムとゆうかんなせんちょうさん』(エドワード・アーディゾーニ/作 瀬田貞二/訳 福音館書店)は、 1955年に改訂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会no.19

先日22日は、よみっこの会でした(^.^) 今回、『絵本論』(瀬田貞二/著 福音館書店)を読んで来ていただいたのは、p.453~p.531 取り上げられていたのは、 エドワード・アーディゾーニ、椛島勝一、横井弘三、茂田井武でした。 椛島さんと茂田井さんについては、以前少しやりました。 横井さんは、県内に資料がなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

研修会

先月の月末、 大好きな語り手、細川律子さん率いるボランティアグループの方々が お店に来てくださいました\(^O^)/ まさかの石川県からです(^_^;)(^_^;) 研修会ということでしたので、 この日は、 読み聞かせ絵本の選書についてお話させていただくことになっていました。 お昼頃、 到着された様子だったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会no.18つづきのつづき8のつづき

よみっこの会は、 前半、『絵本論』(瀬田貞二/著 福音館書店)に沿った話をして、 後半は、 実際メンバーに絵本を読んでもらう・・・ という内容でやっています(^.^) 読んでもらう絵本は、 とりあえず 『絵本の庭へ』(東京子ども図書館) か 『小学校での読み聞かせガイドブック』(湯浅朱美、平田美恵子/編著 プランニング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会no.18つづきのつづき

ペール・カストールについては、 ロジャンコフスキーについてやった時にも少し触れました。 ペール・カストールというのは、個人名ではなく ただの呼び名みたいなもの? ポール・フォシェが作ったシリーズの名前になっています。 フォシェは、 第一次大戦後、 子どもの自発性を重視した新しい教育が必要だということで、 子どもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会no.18つづき

昨日の続きです。 『ゆきのひのおくりもの』が、出版された時、 『しんせつなともだち』(方 軼羣/作 村山 知義/絵 君島 久子/訳 福音館書店)ととっても似ていたので、 どういうこと? とびっくりしたんですが、 お話も、絵も 『しんせつなともだち』の方が、 圧倒的に良いので、 ま、いっか
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会no.18

先月のよみっこの会の報告を。。。(^_^;) 今回『絵本論』(瀬田貞二/著 福音館書店)を読んで来ていただいたのは、p.398~p.452 取り上げられていたのは、 ブルーノ・ムナリ、小山内龍、村山知義、ペール・カストールでした。 ムナリは、読み聞かせに向く絵本というより、 しかけ絵本のイメージが強いでしょうか? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会no.17つづきのつづきのつづき(^_^;)

今回、メンバーが読んでくれた絵本は・・・ Kさん 『ティッチ』(パット・ハッチンス/さく・え いしいももこ/やく 福音館書店) ティッチ (世界傑作絵本シリーズ)福音館書店 パット・ハッチンス Amazonアソシエイト by Oさん 『わたしのワンピース』(にしまきかやこ/えとぶん こぐま社) わたしのワン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会no.17つづきのつづき

三人目は、マージョリー・フラックです。 マージョリー・フラックの作品は、 『絵本論』(瀬田貞二/著 福音館書店)の前半でも度々取り上げられていましたし、 アンガスも以前読んだとは思うので、 どうしようかと思いましたが、 今回は、よみっこの会でまだ読んでいなかった『まいごのアンガス』(マージョリー・フラック/作 瀬田貞二/訳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会no.17

2/23(金)にやったよみっこの会の報告がまだでした。 もう既に忘れてきてます(^_^;) 今回『絵本論』(瀬田貞二/著 福音館書店)を読んで来ていただいたのは、p.360~p.397 取り上げられていた作家は、 マーガレット・ワイズ・ブラウン、ブーテ・ド・モンベル、マージョリー・フラックでした。 まずは、マーガレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会no.16つづきのつづきの・・・

最後は、初山滋。。。 『絵本論』(瀬田貞二/著 福音館書店)で最初に紹介されている『たべるトンちゃん』は みなさん、見たことがないと思ったので、 図書館で借りてきた復刻版をご紹介~ たべるトンちゃんよるひるプロ 初山 滋 Amazonアソシエイト by 四コマ漫画的ノリで、笑えます。 初山さんのイメージと全然違う(笑)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会no.16つづきのつづき

『ルイのひこうき』(エズラ・ジャック・キーツ/作 きじまはじめ/訳 偕成社) ルイのひこうき (キーツの絵本)偕成社 エズラ=ジャック=キーツ Amazonアソシエイト by これもシャレてる絵本です。 引っ越してきたばかりで、友だちがいない男の子の話。 おまけも付いているし、いいなぁ~と思ったら、絶版です{%うーん……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会no.16つづき

エズラ・ジャック・キーツは、 なんと言っても『ゆきのひ』(エズラ・ジャック・キーツ/作 きじまはじめ/訳 偕成社) ゆきのひ (偕成社の新訳えほん―キーツの絵本)偕成社 エズラ=ジャック=キーツ Amazonアソシエイト by これが一番力があると思いますが、 この会で以前も読んだことがあるので、 今回は違う絵本を読…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会no.16

先日22日は、よみっこの会でした(^.^) 今回『絵本論』(瀬田貞二/著 福音館書店)を読んで来ていただいたのは、p.311~p.359 <十二人の絵本作家たち> という章に入りました。 今回の範囲で取り上げられているのは、 ウィリアム・ニコルソン、エズラ・ジャック・キーツ、初山滋です。 まずニコルソン。 ニコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うーーむ

今日お客さまから、 4年生への読み聞かせに『赤い蝋燭と人魚』って どう思います? と聞かれました。 うーーん、私はあまりお薦めしませんけど・・・(^_^;) じゃ、『泣いた赤おに』は? うーーん(^_^;) じゃ、『幸せの王子』 (^_^;)(^_^;) じゃ、今日それを読んだ私たちはみ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会no.15つづき

昨日のつづきです。 次に紹介されていたのは、 ヤシマタロウ。 ヤシマさんは、前の三人よりは、馴染みがあると思います。 現在も子どものための絵本が出版されていますからね。 一番有名なのは、『からすたろう』(八島太郎/作 偕成社)でしょうか? 今回は、『あまがさ』(やしまたろう/作 福音館書店)の方を読んでみまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会no.15

昨日は、よみっこの会で 『絵本論』(瀬田貞二/著 福音館書店)は、p.266~p.307を読んで来ていただきました(^.^) 明治・大正・昭和初期に出ていた絵雑誌の変遷などに触れつつ、 当時活躍していた作家を何人か取り上げています。 馴染みの薄い作家が出てくるので、 参加メンバーもあまり興味がないだろうし、 私もはっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

児童文学サロンno.35

昨日は、山口雅子さんの児童文学サロンでした(^.^) <絵本の記憶、子どもの気持ち -絵本を選ぶ-> 絵本の記憶、子どもの気持ち (福音館の単行本)福音館書店 山口 雅子 Amazonアソシエイト by ご著書『絵本の記憶、子どもの気持ち』の内容を中心にして、 あらためて、「絵本を選ぶ」ということをお話いただき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more