テーマ:翻訳家

ちょっとだけ比べてみました

前回の読書会『クマのプーさん』(A.A.ミルン/作 E.H.シェパード/絵 石井桃子/訳 岩波書店)の時、 古いところがあって、 今の子どもにわかるのか? という意見も出ました。 具体的にどの部分が古いのか教えてもらえるとよかったんですが、 具台的には忘れたとのことで・・・ 気になったので、 新訳の本を2種類、図書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新刊のご案内

昨年、出そうで出なかった原田さんの訳書が、 ここで二冊出版されました(^.^) 一冊は、 先月岩波から出版された『夢見る人』(パム・ムニョス・ライアン/作  ピーター・シス/絵 原田勝/訳 岩波書店) 夢見る人岩波書店 パム・ムニョス・ライアン Amazonアソシエイト ノーベル文学賞も取っているチリの詩人ネル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JBBY子どもの本の翻訳フォーラム

先日、原田勝さんから <JBBY子どもの本の翻訳フォーラム> のチラシを頂きました(^.^) こんな感じ↓ 第1回JBBY子どもの本の翻訳フォーラム テーマ:物語の翻訳を考える〔日⇔英〕 日本の子どもたちには、日本の作家による創作と並んで、翻訳の子どもの本も必要だと考えています。第1回は、日⇒英、英⇒日の翻訳…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本YA作家クラブ

YAってご存知ですか? ヤングアダルトのことで、 ティーンエイジャーをさす言葉だと思ってもらっていいと思います。 YAという言葉が使われ始めてから結構経つと思うんですが、 いつ頃からだったかな? 川越の中央図書館にもYAコーナーがありますが、 私が担当二代目くらいだったかな? ということで、随分前ということがわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お風呂はないです(^_^;)

大体月2で開催されている原田勝さんの翻訳勉強会。 先日は今年初回だったんですが、 この日は、 開店とともに原田さんご来店~。 というのは、 この日は、 出版準備中の本の打ち合わせもあったからなんですね。 で夕方からは、翻訳勉強会の新年会もあるという・・・ 整理すると(笑) 打ち合わせ3時間 ↓ ランチ休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恥ずかしい(^_^;)

翻訳家の原田勝さんの本が売れて、 また新しい本を入れると いつもサインをお願いしているんですが、 先日は、 『ハーレムの闘う本屋』(ヴォーンダ・ミショー・ネルソン/著  R・グレゴリー・クリスティ/絵 原田勝/訳 あすなろ書房)の仕入が30冊目に当たり・・・ ということは、 29冊売れたということ(^^)v ハーレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜかチラシが・・・

昨日、 なぜか 新日本フィルハーモニー交響楽団のパトロネージュ部の方が 来てくださいました ウェスタでの演奏会のチラシを持って来たくださったんですが、 ただの演奏会ではなくて 翻訳家柴田元幸さんの朗読と音楽のコラボらしい。。。 新日本フィルハーモニー交響楽団川越室内楽演奏会 <文学と音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YA新刊

最近、 やったつもりが・・・ ということがいろいろあるかもです。 原田さんの新刊が、 とても良かったのでご紹介しようと思っていて すっかり抜けてました(^_^;) 2月に出た 『ヒトラーと暮らした少年』(ジョン・ボイン/作  原田 勝/訳 あすなろ書房) ヒトラーと暮らした少年あすなろ書房 ジョン・ボイン A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国際子どもの本の日

明日4月2日は、 <国際子どもの本の日>です(^.^) 1967年、国際児童図書評議会(IBBY)が、 アンデルセンの誕生日であるこの日に制定しました。 子どもの本を通して、 国際理解を推進するための記念日。 毎年ポスターが作られるんですが、 今年はこれ↓ ラトビアの絵本作家レイニス・ペーテルソンスさん作…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ル・グウィン

先月、アーシュラ・K・ル・グウィンさんが亡くなられました。 88歳だったんですね。 もっと上かと勝手に思っていました。 ル・グウィンと言えば「ゲド戦記」。 「ゲド戦記」と言えば、清水真砂子さんな訳ですが、 昨日の夕刊に 日常の真実を見つめた「ゲド戦記」  -米作家 アーシュラ・K・ル・グウィンさんを悼む- と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

当たり

先週の大雪の日、 買い物に行くのも・・・ だったので、 夕飯は、冷蔵庫にあるものでなんとかしましたが、 その中で、 自分的になかなかヒットなものがありました(^.^) おでんを作った時に使いきれなかったちくわぶを 切って冷凍しておいたんですが、 ふと、 これって、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪

今日は、本当に大雪になってしまいました(>_<) 朝もまだ 本当に大雪? と疑っていましたが、 読書会を強行して、 電車で来る人が帰れなくなったら大変だし・・・ でもなぁ~みんな忙しいから、 また日程決めるの大変? うーーん、早く決断しなきゃ~ ってことで、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハラハラどきどき

野沢さんが翻訳された『凍てつく海のむこうに』(ルータ・セペティス/作  野沢佳織/訳 岩波書店) をやっと読みました(^.^) 凍てつく海のむこうに岩波書店 ルータ・セペティス Amazonアソシエイト by これ、出版されたの10月でした。 読むの遅し(^_^;) で感想は・・・ 良かった!! 装丁もい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いただきもの

今日は、 プレゼント用の本を買いに来てくださった方、 お取り置きの本を取りに来てくださった方も複数いらして、 とーーーーっても合格な日でした(^o^) 思いがけないことがあったり、 ええーーーーそれは知らなかった! と驚いたり・・・ そんなことをしていたら、一日が終わった! という感じでした(笑) 思いがけない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ありがとうございました(*^。^*)

今日は、諸事情があって、 翻訳家の多賀さんにご足労いただいちゃいました。 祝日なのに 快くお引き受けいただき、感謝ですm(__)m 来ていただいたのは、 ランチタイムだったんですが、 多賀さんたら、 えーー、一緒にランチしないの? と私に仰る。 ん? ついこの間もこんなことを言われたな(笑) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬田さん特集

「この本読んで!」2016夏第59号(出版文化産業振興財団)の特集は、 ~~生誕100年 瀬田貞二のまいた種~~ です(^o^) 先月のよみっこの会の時に、 メンバーに紹介して、 そのあと、 ここでもご紹介~\(^o^)/ と思っていたら、 紹介する前に買っていただいちゃって(^_^;) いつもより多く…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Happy Birthday

今日は、原田さんの翻訳勉強会でした(^.^) そして、 原田さんのお誕生日 勉強会の受講生であるOさんから 勉強会後、 サプライズでお祝いしたいので ケーキを作ってください(^o^) と電話がかかってきたのが、 3日前くらい? やっぱり、トッピングは苺よね~{%イチゴdeka…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灰島かりさん

14日に翻訳家の灰島かりさんが亡くなられたんですね。 先日、何気に新聞を見ていて、驚きました。 つい最近、灰島さんが翻訳された 『ランドルフ・コールデコット --疾走した画家』(レナード・S・マーカス/著 灰島かり/訳 BL出版) が納品されたばかりなのでなおさらでした(>_<) ランドルフ・コールデコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翻訳

昨年、始まった原田さんの翻訳勉強会。 毎回、みんなやる気満々の会でございます 趣味でちょっと翻訳を~ というゆるい方は、ひとりもいらっしゃいません(笑) みなさん、出版社に持ち込んでいらっしゃったり、 既に出版されている方も。 楽しみですねぇ~{…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

難しい

ちょっと前から、 翻訳家の原田勝さんを講師にした翻訳勉強会が、 当店を会場にして行われています(^.^) みなさん、本当に熱心に参加されているようで、 やる気満々感が、私にも伝わって来ます そりゃー、そうでしょう。 翻訳家を目指す方々が、 原田さんを講師にして、 あの人数で勉強できるんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原田さんのサロン

一昨日は、原田勝さんの児童文学サロンでした(^.^) <訳書を語る - 『ハーレムの闘う本屋』を中心として> というこで、原田さんにお話していただきました。 今回の作品は、 良い詩や言葉がたくさん出てくるので 朗読もかなり入れていただきました。 ハーレムの闘う本屋あすなろ書房 ヴォーンダ・ミショー・ネルソン Am…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

来月の児童文学サロン

次回の児童文学サロンは、翻訳家の原田勝さんの登場でーす(^o^) <訳書を語る-『ハーレムの闘う本屋』を中心として> ニューヨークの黒人地区ハーレムで、全米一の黒人専門書店を作り上げた人物、ルイス・ミショーの生涯を、本人と周囲の人々の語りで描く異色のドキュメンタリー・ノベル『ハーレムの闘う本屋』(ヴォーンダ・ミショー・ネルソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーレムの闘う本屋

原田さんの新訳書『ハーレムの闘う本屋』(ヴォーンダ・ミショー・ネルソン/著  R・グレゴリー・ クリスティ/絵  原田 勝/訳 あすなろ書房) ハーレムの闘う本屋あすなろ書房 ヴォーンダ・ミショー・ネルソン Amazonアソシエイト by やっと読み終わりました\(^O^)/ ほかに読まなきゃならぬ~な本がいろいろあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の児童文学サロン

昨日は、 <訳書を語る>ということで、 翻訳家の多賀京子さんをお迎えしてのサロンでした(^o^) 私が多賀さんの存在を知ったのは、 2008年に出た『リンゴの丘のベッツィー』(ドロシー・キャンフィールド・フィッシャー/作 多賀京子/訳 徳間書店) ででした。 リンゴの丘のベッツィー徳間書店 ドロシー・キャンフィールド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご用意できました!

原田勝さんの新刊 『ハーレムの闘う本屋 ルイス・ミショーの生涯』(ヴォーンダ・ミショー・ネルソン/著 原田勝/訳 あすなろ書房) が、入ってきましたぁーーー\(^o^)/ ハーレムの闘う本屋あすなろ書房 ヴォーンダ・ミショー・ネルソン Amazonアソシエイト by そして今日、 原田さんがその本にサインを入れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石井桃子コレクション

先月から、岩波書店が <石井桃子コレクション>(全5巻)という文庫の出版を始めました(^o^) 一巻目は、 『幻の朱い実 上』 幻の朱い実(上)〈石井桃子コレクションI〉 (岩波現代文庫)岩波書店 石井 桃子 Amazonアソシエイト by そして、本日二巻目の『幻の朱い実 下』が入って来ました\(^o^)/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原田さんのブログ

原田さんが、サン・フレア・アカデミーのサイト内で、 コラムを書かれていることは、 以前ご紹介したかと思いますが、 残念ながら、そのサイトが、リニューアルにともなって?なくなってしまいます。 最終回は・・・→ここ やっぱり原田さん、面白い さて、ここがなくなっちゃったら、つまら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

来月のサロン

お天気は良いですが、 ここのところ風が強くて、 寒いっ!! さて、次回の児童文学サロンのお知らせです(^○^) またまた素敵な方をお迎えしますよ~ 翻訳家の多賀京子さんです 多賀さんは、昨年、平塚さんの<おはなしの部屋>に参加してくださったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

送っていただきました

昨日の雪は、 積もらなくて、本当に助かりました 子どもたちは、がっかりでしょうが(笑) さて、 昨年11月に、 当店で行われた原田勝さんの児童文学サロン。 そのことを 徳間書店の読者と著者と編集部をむすぶ機関紙 <子どもの本だより>2015年1月/2月号の巻頭に載せていただいたことは …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来月のおはなしの部屋

2月は毎年恒例で、2日が凉子さんdayなんですが、 今年は凉子さんのお仕事の関係で、15日に変更になっていますので、ご注意ください(*^。^*) 講師 佐藤涼子さん (ストーリーテラー、子どもと読書のコーディネーター、翻訳家) ○お話 『すみれ島』(今西祐行/作 偕成社)、「王さまと<聞き耳>」(『カエルになったお姫さま』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more