テーマ:

装丁

翻訳家原田勝さんのコラム<原田勝の部屋>が、本日更新されました(^.^) 今回は、 束見本のこと、そして装丁のことが書かれています。 まずは、コラムをお読みくださいまし→ここ 束見本のことは、 現役図書館員のKさんと、 その脇で、わくわくしながら一緒に見ていた私と、、、 とにか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第16回東京国際ブックフェア

今日はお休みさせていただいて、毎年ビッグサイト(国際展示場)で開催されるブックフェアに行ってきました。 で いきなり朝から疲れました(ーー;) というのも、今年は、国際展示場駅まで川越から乗り換えなしで行けるようになったことを発見し、 やったぁ~~~\(^o^)/ 会場到着まで、爆睡ターーーーーーーーーーーーーーイムっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特集展示

今月は、<どんな人?作家を知る!>ということで、作家研究絡みの本を並べてみました(^O^) どれもみんな興味深いですよ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の日は終わりましたが・・・

この間入れてみた『おかあさんとあたし。と、おとうさん』(k.m.p/作 大和書房)をご紹介します(^-^) 『おかあさんとあたし。』第3弾! らしい(^-^; 知りませんでした(笑) 『おかあさんとあたし。』『おかあさんとあたし。2』と既に出版されていたらしいです。 絵本じゃないので、見逃してました。 と、言い訳してみる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月の特集展示

今月は予定を変更して、やっぱり<石井桃子さん特集>にしました。 そういえば・・・ 石井さんの『児童文学の旅』(岩波書店)に影響を受けて、長年児童文学の舞台を旅されている池田正孝先生。 昨日、イギリスから絵はがきが届いたのだけど、石井さんのこと、ご存知かなぁ~(;。;)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日読んだ絵本は・・・

『これはおひさま』(谷川俊太郎/ぶん 大橋歩/え ブッキング) と 『だるまちゃんとだいこくちゃん』(かこさとし/さく 福音館書店)(^O^) 『これはおひさま』は、ずっと絶版だったんですが、去年ブッキングから復刊されました 内容は、『これはのみのぴこ』(谷川俊太郎/さく 和田誠/え サンリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手織り展

昨日から始まった当店2階での<手織り展> 買っていただいた作品のお渡しは、19日(月)以降になってしまうので、展示はそのまましてありますが、お陰様で結構売れました!(^O^) 昨日初日は、開店前既にドアの前にSさん 市外からなのに、偉すぎ(☆o☆) 今日もみなさんに買っていただき、本当にありがた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の日

なんと随分前にテーマ展示の写真をアップしていたのにコメントを付けるのを忘れてそのままに・・・気がつけば、もう今日が母の日ではありませんか( ̄□ ̄;)!! そう、今月のテーマ展示は、お母さん特集です。 アルバムに写真がありますので見てください(^O^) 昨日書いたピーターラビットの新聞記事。 今日、お客さまが読売新聞の方も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タイミング悪し(>_<)

昨日はせっかく褒めていただいたのに・・・ 今日来ていただいたお客さま、「どうせ買うならここで」と言ってくださって、時々駆け込んで来てくださいます(^O^) ところがこの方には何故かタイミングが悪い思いを何度かさせてしまっているのですよね(^_^;) 前回来ていただいた時も「『エジプトのミイラ』(アリキ・ブランデバーグ/…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウェストール

今朝の朝日新聞の天声人語に『弟の戦争』(ロバート・ウェストール/作 徳間書店)のことが書いてあった。 弟の戦争 私もとても好きな作品。 というか、これが出版された時、衝撃的だったのだな。 あの頃、テレビでゲームのように映し出されていた湾岸戦争、、、それを児童文学としてこれだけひきつけられる作品にしたウェストールの凄さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランチタイム

今日のランチタイムは、わざわざ遠征してきてくれた役所組をなんとか13時までにお返しすることで必死こいてた私(^_^;) そんな状況に反して、絵本コーナーではおじいちゃんとお孫ちゃまが絵本を読んでいたのでした(^O^) 焦っている中で、時々耳に入ってくるこのじいちゃん&ちびちゃんの会話がめちゃ和む(*^.^*) 役所組が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「イギリスの美しい本」展

今日は、お盆休みを頂いたので、Mちゃんと千葉市美術館でやっている「イギリスの美しい本」展に行ってきました(^O^) 6月に吉田新一先生が訳された『ランドルフ・コールデコットの生涯と作品―現代絵本の父』(ジョン・バンクストン/著 絵本の家)が出版され、それを見ていたので、コールデコットや私の好きなウィリアム・モリス、ケイト・グリナウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パディントン

先月、パディントンシリーズの未邦訳のものが17年ぶりに訳され、福音館書店文庫として出版されました。 『パディントン街へ行く』(マイケル・ボンド/作 ペギー・フォートナム/画 田中琢治・松岡享子/訳 福音館書店) あれ?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、そうそう、今回松岡さんひとりじゃなくて共訳なんですよね。 『こど…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

田原@S省

田原から、S省に出向中のSくん一家がまた来てくれました\(^o^)/ 夏休み帰省するSくんに、おもいっきり用事を頼む人使いが荒い私でございます(笑) ホントごめんm(_ _)m ちびちゃんのYくんは、奥さんのTちゃんにうりうり(*^.^*) かわいぃ~ 芸もいろいろできるし(笑) いやぁ~それにしても、また来てくれて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なんだかなぁ~

今日はじめてNHKの<夢のつづき わたしの絵本>という番組を見ましたです。 今日メインでとりあげていたのは『ずーっとずっとだいすきだよ』(ハンス・ウィルヘルム/えとぶん 評論社)。 この本が翻訳されたのが1988年。 当時、川越の図書館でも新刊お薦め本に使ったし、自分でも買って持ってるくらい私も好きな絵本でございます。 動物に弱…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

空の中

どうなの?どうなの?と警戒していた台風は、なんだかいつの間にかどこかへ行ってしまい、気がつけばお店から見えた空は、とっても気持ちが良くて綺麗な空(*^.^*) でなんだか思い出した(笑) この間読んだ『空の中』(有川浩/著 メディアワークス)』。 『図書館戦争』(有川浩/著 メディアワークス)が結構良かったと言ったら、「じ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ランチの予約

今日は11時半に電話が~ 「これから5人から10人で、ランチに行くからよろしく~(^O^)」 A小学校のY先生からであーる。 Y先生とは、TTで授業をやったこともあるから、キャラはよくわかってるけど・・・かなりアバウトなご予約ありがとうございます(爆) 5人なら1階でOK! でも10人となると2階じゃないとなぁ~しかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本の会

みんな良い感じになってきたわん(*^.^*) はじめはいいけど、ページをめくる間際はとっても早くなってしまう、なーーんていう人も今日はgood! 練習が足らないと焦って早く次に行くたくなっちゃったりするから、やっぱり練習あるのみ(笑) 誰かが読んでくれるのを聞くのはやっぱり楽しいよね。 いろいろなところがよくわかるし(^O^…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雨・・・嫌だ(;。;)

ここのところの大量の雨で、一年ぶりにお店のドアがまた育ってしまいました(ーー;) 無垢の木は、湿気により伸び縮み自由自在。 去年、あんなに削ってもらって隙間ができるくらいだったのに、本日はまたまた閉まらないくらい育っていました。 帰りに無理矢理締めたら、ドアの下の方が削れた(ToT) もう、ヤダぁーーーーーーーーーーーーーー…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

え~~~~(+_+)

今日3時近くなってから、またまた来てくれたEEEのマスター。 で、入ってくるなり「ランチまだある?」 え~~~~(+_+) あるけどさぁ、なんでマスターにランチ出さなきゃならんのだぁ~( ̄□ ̄;) だって私的には、EEEは川越で一番美味しいイタリアンだと思ってるわけで・・・都内の有名処よりも好きだったりするわけだから・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今月の特集展示の本の中から

今日は『ピーターラビットのフィールドノート』(ビアトリクス・ポター/絵 アイリーン・ジェイ/文 福音館書店)をご紹介します(^O^) 原題は、『A VICTORIAN NATURALIST-Beatrix Potter's drawings from the Armitt coiiection-』 ピーターラビットの作者ビア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『図書館戦争』

新聞の書評を読んで興味を持ったところで、Jちゃんに「面白かったよ」と言われて、予約。 それから3ヶ月(^_^;)やっと『図書館戦争』(有川浩/著 メディアワークス)の順番が回ってきましたです。 ふむふむ、面白かったぁ~(^O^) 最初、設定に違和感があったけど、その設定に慣れるとテンポもいいし、分厚い割りにあっという間に読めち…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

自然を楽しむ

今月の特集展示は<自然を楽しむ>というテーマで本を集めてみました(^-^) 写真をアルバムにアップしましたので見てみてくださいまし。 今日はその中の一冊をご紹介~ タイトルが凄い(笑)『ふようどのふよこちゃん』(飯野和好/作 理論社) 去年この本が出版された時、ちらしを見てまず思ったのは、「なんで腐葉土なんだぁーーー!???…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

私だって20代の時はあった(爆)

今日は、ランチに懐かしいお客さまが(^O^) 私がまだ川越の図書館で新人だった頃出会った方M先生です。 この方のお宅で開かれたチェロのソロコンサートに行かせて頂いたのがきっかけで、いまだにチェロは大好き(*^.^*) あんなに間近でチェロの演奏を聴いた時は、鳥肌たちましたもん。 ただ、M先生と私は直接親しいわけではな…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

Air mail

今日、池田正孝氏から絵葉書が届きましたぁ~\(^o^)/ デンマークからでした。 どうやら今はリンドグレーン、アンデルセンなどの世界を回る北欧の旅を楽しんでいらっしゃるご様子。 いいなぁ~(*^.^*) またいつか、うちの店でお話聞かせてくださいね(^_-)-☆ さて、品切れ絶版本のその後・・・ 『いしになったかりゅうど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳内汚染

この間、斎藤惇夫氏お薦めの『脳内汚染』(岡田尊司/著 文芸春秋)を読みましたです。 脳内汚染 理解不能な事件が起きる毎日・・・この本はうーむ、という感じでした。 精神科医の著者が、いろいろなデータを元に、メディアが子どもたちの脳に与える影響について書いています。 テレビゲームをした時のドーパミン・レベル上昇は、覚せい剤などを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロード・モネ

私の好きな画家のひとりでございます(^-^) 今日は、写真絵本特集の中からモネのついて書かれた本をご紹介しますね。 『リネア モネの庭で』(クリスティーナ・ビョルク/文 レーナ・アンデション/絵 世界文化社) リネア―モネの庭で 写真絵本というか・・・写真もたくさん使っている絵本と言うべきでしょうか(笑) リネアという…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今月の特集は・・・

写真絵本を並べてみました~アルバムに写真アップv(^^)v どれもそれぞれ好きだけど、フォトポエム絵本『おはつ』(工藤直子 小学館)をご紹介(^O^) おはつは、初めてのお初。 工藤直子さんの詩は、読んでいるとふふっと笑えて、むくっと元気が出る感じが好き。 もちろん『のはらうた』(童話屋)もいいですよねぇ(*^.^*) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『森はオペラ』

新緑の季節なのにーーーなんでこうお天気が悪いのだ(;-;) この季節の緑が一番好きだなぁ~微妙に違う緑が重なりあってて、綺麗だなぁ~って思う。 新芽の白が入った緑が特に好き(*^-^*) 思えば・・・この新緑の色が好きになったのは中学の写生からかも(爆) 美術って得意じゃなかったけど写生で外に行くと、畑のずーーーっと向こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋書絵本

5月になっちゃいましたねぇ~みなさんは楽しいGWをお過ごしでしょうか?(^O^) さて、今月の絵本コーナーの特集は、洋書絵本です。 洋書と和書を並べてみました。 先日ここにも書いたタイ語版『どろんこハリー』ほどではないにしろ、やっぱり洋書と和書ではちょっと違いますよね。 特に色はねぇ~そのままは無理なんでしょうね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more