テーマ:児童文学

若干ムッとする(笑)

某大学の名誉教授が書かれた児童文学関係の本を読みました。 私は存知上げない方だったんですが、 タイトルに惹かれて読み進め・・・ ん? タイトルに偽りありなのでは? 『○○論』? ・・・ 全然、○○について論じてませんけどぉーーーーーーー いや、全然は言い過ぎか? この…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベンガル虎の少年は・・・

先日、『ルドルフとイッパイアッテナ』(斉藤洋/作 講談社)のことを書きましたが、 このシリーズを気に入ってくださったお客さまが、 このほかにも同じように面白い本を と仰るので、 さて何にしよう・・・ と考えて、とりあえず、斉藤さんの作品でいってみる? と思いついたのが『ベンガル虎の少年は・・・』(斉藤洋/作 伊東寛/絵 あか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まさかの・・・

しばらく前、常連Sさんから何か面白い本を と言われました。 普段から 児童文学のほか社会問題や戦争関連と めちゃめちゃ読まれる方で、 今までもお薦めした本はみんな買ってくださっちゃうような方。 面白い・・・という感覚も人それぞれ違うし、 これまでも、そう言われて、 私の中で面白いと思うものは、 随分紹介しちゃったし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本

今年出版された『暇なんかないわ 大切なことを考えるのに忙しくて」(アーシュラ・K・ル=グウィン/著  谷垣暁美/訳 河出書房新社 ) を読みました。 暇なんかないわ 大切なことを考えるのに忙しくて: ル=グウィンのエッセイ - アーシュラ・K・ル=グウィン, 谷垣暁美 ル=グウィンが、80歳を過ぎてから始めたブログを元にまとめられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年文庫化

品切れ絶版だった『まぼろしの小さい犬』(フィリパ・ピアス /作 猪熊葉子/ 訳, 岩波書店)が 今年、少年文庫になりました(^.^) まぼろしの小さい犬 (岩波少年文庫) - Pearce,Philippa, ピアス,フィリパ, 葉子, 猪熊 ということで、久々に読み返したんですが、 後半に出でくるロンドン北部にある公園・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わたしがいどんだ戦い

3年前邦訳出版された『わたしがいどんだ戦い 1939年』(キンバリー・ブルベイカー・ブラッドリー/作 大作道子/訳 評論社)については、 以前ここでもご紹介しましたが、 その続編が昨年邦訳出版されました。 早く読みたいと思いつつも なかなか読めず、 やっと今日読みました! 『わたしがいどんだ戦い 1940年』 わた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子ども文庫助成

青少年健全育成を目的とした活動を行うために設立された公益財団法人伊藤忠記念財団が、 1975(昭和50)年から行っている活動として、 子ども文庫助成事業があります。 児童図書館研究会の機関誌にチラシが同封されてきたのですが、 1枚だけなので、ここでご紹介します(^.^) 助成のブログラムは以下の3つ ①子どもの本購入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内藤訳

先日、 内藤濯さん訳の話になった時 凉子さんに伺ったんですが、 内藤さんの授業を受けたことがある方の お知り合いから聞いたってことだったかな?(^-^; 授業で、 ひとつの言葉を別の言葉で100考える・・・ ということをやって それがとても勉強になったのだそうです。 確かに鍛えられそう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの本(古典)を楽しむ会

先日20日は、読書会でした。 今回は、『星の王子さま』(サン・テグジュペリ/作 内藤濯/訳 岩波書店)と星の王子さま―オリジナル版 たくさん新訳が出ている中で、 かなり売れているらしい河野万里子/訳 新潮文庫、両方を読んでみよう~という会でした。 星の王子さま (新潮文庫) 新訳・・・これしか知らなければ、するぅ~と読みや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンドグレーン

今、神保町の岩波ホールで上映されている「リンドグレーン」は、 観られましたか? 私は、まだ行けてませーーーん 行かれた方はみなさん、 良かったですよ~(*^。^*) って。 密かに 川越のスカラ座に来ないかなぁ。。。 と期待しているのだけど、 来る保証はないし、 やっぱり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

保護者?

先月末、新宿区こども図書館で <子どもたちに読書の楽しさを ~絵本から物語へ>という内容で お話させていただきました。 この仕事を依頼されたその時は、 自分の中の整理にもなるし、 やらせてもらうか・・・ だったんですが、 引き受けなければ良かったぁーーーー なことがちょいちょい(^_^;) まず、 佐藤凉子さ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

どう描くか

もう随分前になりますが、 新聞記事で、 弁護士の山口真由さんが取り上げられていたことがありました。 最近、テレビのコメンテーターでよく見かける方で、 北海道の公立中学を卒業後、 筑波大学付属高校に進学し、 東大へ。 在学中に司法試験に合格し、 卒業後は財務省に入省。 その後、ハーバード大学に留学し、 ニューヨーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの本(古典)を楽しむ会

先日、11日は読書会でした(^.^) 今回みんなで読んだのは、 『がんばれヘンリーくん』(ベバリイ ・クリアリー/作  ルイス・ ダーリング/絵 松岡享子/訳 学習研究社) がんばれヘンリーくん (ゆかいなヘンリーくん 1) <ゆかいなヘンリーくんシリーズ>14巻の1巻目です。 初めて読んだひとも何人かいましたが、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

池田正孝写真カレンダー2020

池田先生から、 来年のカレンダー(東京子ども図書館)が届きました(^.^) シリーズ<児童文学ゆかりの地を訪ねて>3年目の今年は、 イギリス湖水地方です ビアトリクス・ポターとアーサー・ランサムが取り上げられていますよ。 ピーターラビットのおはなし (ピーターラビットの絵本 1) 岩波少年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しずくの首飾り

今年6月に少年文庫になった『しずくの首飾り』(ジョーン・エイキン/作 猪熊葉子/訳) に脱落があることが判明。 しずくの首飾り (岩波少年文庫) 今日はじめて知りました 最後のお話、 「魔法のかけぶとん」のラストページ丸丸ないではないか! 酷い。。。 流石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書週間

ただ今、読書週間中でございます(^.^) 今年の読書週間標語は、 おかえり、栞の場所で待ってるよ だそうです。 みなさま、読書してますか? ところで、今日一番うれしかったこと・・・ 私よりずっとずっとお若いお客さまTさんが、 またまたご来店くださいました(^o^…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館絡みの本

最近、図書館が絡んだ本を二冊読みました(^.^) どちらも友人からのお薦めで、 一冊は、児童文学の『貸出禁止の本をすくえ!』( アラン・ グラッツ/作  ないとう ふみこ/訳 ほるぷ出版) 貸出禁止の本をすくえ! ある日、主人公が好きだった本『クローディアの秘密』(E.L.カニグズバーグ/作 松永ふみ子/訳 岩波書店)が 子ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びっくり

今日も常連さん方が来てくださって、 ありがたい一日でした(^.^) そして、本日のびっくりは・・・ 22歳青年の3度目のご来店~ 初めて来てくださったのは、 8月だったか、9月のはじめだった? 近くに用があって通りかかった時、 外の感じが気になって入ってくださったそうな。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

子どもの本(古典)を楽しむ会

先日の読書会のテキストは、 『グリーン・ノウのお客さま』(ルーシー・M. ボストン/作  ピーター・ボストン/絵 亀井俊介/訳 評論社) グリーン・ノウのお客さま (グリーン・ノウ物語 4) 新版↑ 旧版↓ グリーン・ノウ物語〈4〉グリーン・ノウのお客さま (児童図書館・文学の部屋) グリーン・ノウ物語全6巻の4巻目で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市外からm(__)m

今日は、 ご来店いただいた殆どの方が、 市外から来てくださった方でした 暑い中、 遠方より、 本当にありがとうございました\(^o^)/ 美術館でやっている<テレジン収容所の幼い画家たち展>を 見た帰りに寄ってくださった方もおふたり。 美術館から当店まで、 結構遠いのですが、すみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新刊2点

『しずくの首飾り』(ジョーン・エイキン/作 猪熊葉子/訳 岩波書店)が少年文庫になりましたよ~\(^O^)/ しずくの首飾り (岩波少年文庫) 単行本もまだ手に入ります。 当店にも在庫あり(*^^)v ただ、単行本はお高いので、 なかなか(^-^; そして持ち歩くのには重いですからね。 『しずくの首飾り』は、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復刊アンケート

岩波書店から「やかましネットワーク」No.58 2019年7月と 岩波少年文庫復刊アンケートが届きました。 少年文庫は、来年創刊70周年を迎えるそうです。 そこで復刊を検討中で、 参考のためのアンケートが実施されるということですね。 石井桃子さんが、 岩波少年文庫の編集責任者になり、 少年文庫が創刊されたのが195…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの本(古典)を楽しむ会 ~リスト~ 

やらなきゃ~と思っていたら、 Kさんが今まで読んできた本の一覧を作ってくださいました\(^O^)/ もう8年もやっているらしい(笑) 2012年 5月 『ジャングル・ブック』 ラディヤード・キップリング 7月 『ディダコイ』 ルーマー・ゴッデン 9月 『ツバメ号とアマゾン号』 アーサー・ランサム 11月 『飛ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの本(古典)を楽しむ会

先日7/1は読書会でした。 今回は、 『イシ ―二つの世界に生きたインディアンの物語』(シオドーラ・クローバー/著 中野好夫・中村妙子/訳 岩波書店) イシ―二つの世界に生きたインディアンの物語 この本は、参加者全員好感触(*^。^*) 高校時代、学校司書に薦められて読んだというAちゃん。 装丁も内容も、子どもから手に取…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

テレジン収容所の幼い画家たち展

一昨日Sさんに教えていただきました。 川越市立美術館で 「テレジン収容所の幼い画家たち展」が開催されるそうです。 開催期間 2019年7月23日(火曜)~7月28日(日曜)まで          午前10時(初日は午後1時)から午後4時(最終日は正午)まで 開催場所 川越市立美術館 市民ギャラリー 詳しくは→こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとだけ比べてみました

前回の読書会『クマのプーさん』(A.A.ミルン/作 E.H.シェパード/絵 石井桃子/訳 岩波書店)の時、 古いところがあって、 今の子どもにわかるのか? という意見も出ました。 具体的にどの部分が古いのか教えてもらえるとよかったんですが、 具台的には忘れたとのことで・・・ 気になったので、 新訳の本を2種類、図書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新刊

一昨日入ってきた 『中川李枝子  本と子どもが教えてくれたこと』(中川李枝子/著 平凡社) 中川李枝子 本と子どもが教えてくれたこと (のこす言葉KOKORO BOOKLET)平凡社 中川 李枝子 Amazonアソシエイト 語り下ろし自伝シリーズ (のこす言葉KOKORO BOOKLET)の一冊です。 自伝とうた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの本(古典)を楽しむ会

先週の月曜日は、読書会でした。 今回は、 『クマのプーさん』(A.A.ミルン/作 石井桃子/訳 岩波書店) クマのプーさん (岩波少年文庫 (008))岩波書店 A.A.ミルン Amazonアソシエイト クマのプーさん プー横丁にたった家岩波書店 A・A・ミルン Amazonアソシエイト 久々に読み返しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うれしい(*^。^*)

今日お初に来てくださったお客さまは、 お店ができた頃はこの辺に住んでいらしたそうで、 でもお休みが一緒で入る機会がなかったんだそうです。 今は市内でも離れているところにお住まいですが、 たまたま近くにいらしたので、 今日は小5のお嬢さんと一緒に来てくださいました(^O^) 存在を覚えていてくださったこともうれしいので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イースター

今年のイースターは、4/21(日)のようですね。 私はお祝いをしたことがありませんが、 この時期になると思い出す絵本があります。 『ふわふわしっぽと小さな金のくつ』(デュ・ボウズ・ヘイワード/作 マージョリー・フラック/絵 羽島葉子/訳 パルコ出版) ふわふわしっぽと小さな金のくつPARCO出版 デュ・ボウズ ヘイワード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more