テーマ:児童文学

子どもの本(古典)を楽しむ会

先日、11日は読書会でした(^.^) 今回みんなで読んだのは、 『がんばれヘンリーくん』(ベバリイ ・クリアリー/作  ルイス・ ダーリング/絵 松岡享子/訳 学習研究社) がんばれヘンリーくん (ゆかいなヘンリーくん 1) <ゆかいなヘンリーくんシリーズ>14巻の1巻目です。 初めて読んだひとも何人かいましたが、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

池田正孝写真カレンダー2020

池田先生から、 来年のカレンダー(東京子ども図書館)が届きました(^.^) シリーズ<児童文学ゆかりの地を訪ねて>3年目の今年は、 イギリス湖水地方です ビアトリクス・ポターとアーサー・ランサムが取り上げられていますよ。 ピーターラビットのおはなし (ピーターラビットの絵本 1) 岩波少年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しずくの首飾り

今年6月に少年文庫になった『しずくの首飾り』(ジョーン・エイキン/作 猪熊葉子/訳) に脱落があることが判明。 しずくの首飾り (岩波少年文庫) 今日はじめて知りました 最後のお話、 「魔法のかけぶとん」のラストページ丸丸ないではないか! 酷い。。。 流石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書週間

ただ今、読書週間中でございます(^.^) 今年の読書週間標語は、 おかえり、栞の場所で待ってるよ だそうです。 みなさま、読書してますか? ところで、今日一番うれしかったこと・・・ 私よりずっとずっとお若いお客さまTさんが、 またまたご来店くださいました(^o^…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館絡みの本

最近、図書館が絡んだ本を二冊読みました(^.^) どちらも友人からのお薦めで、 一冊は、児童文学の『貸出禁止の本をすくえ!』( アラン・ グラッツ/作  ないとう ふみこ/訳 ほるぷ出版) 貸出禁止の本をすくえ! ある日、主人公が好きだった本『クローディアの秘密』(E.L.カニグズバーグ/作 松永ふみ子/訳 岩波書店)が 子ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びっくり

今日も常連さん方が来てくださって、 ありがたい一日でした(^.^) そして、本日のびっくりは・・・ 22歳青年の3度目のご来店~ 初めて来てくださったのは、 8月だったか、9月のはじめだった? 近くに用があって通りかかった時、 外の感じが気になって入ってくださったそうな。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

子どもの本(古典)を楽しむ会

先日の読書会のテキストは、 『グリーン・ノウのお客さま』(ルーシー・M. ボストン/作  ピーター・ボストン/絵 亀井俊介/訳 評論社) グリーン・ノウのお客さま (グリーン・ノウ物語 4) 新版↑ 旧版↓ グリーン・ノウ物語〈4〉グリーン・ノウのお客さま (児童図書館・文学の部屋) グリーン・ノウ物語全6巻の4巻目で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市外からm(__)m

今日は、 ご来店いただいた殆どの方が、 市外から来てくださった方でした 暑い中、 遠方より、 本当にありがとうございました\(^o^)/ 美術館でやっている<テレジン収容所の幼い画家たち展>を 見た帰りに寄ってくださった方もおふたり。 美術館から当店まで、 結構遠いのですが、すみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新刊2点

『しずくの首飾り』(ジョーン・エイキン/作 猪熊葉子/訳 岩波書店)が少年文庫になりましたよ~\(^O^)/ しずくの首飾り (岩波少年文庫) 単行本もまだ手に入ります。 当店にも在庫あり(*^^)v ただ、単行本はお高いので、 なかなか(^-^; そして持ち歩くのには重いですからね。 『しずくの首飾り』は、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復刊アンケート

岩波書店から「やかましネットワーク」No.58 2019年7月と 岩波少年文庫復刊アンケートが届きました。 少年文庫は、来年創刊70周年を迎えるそうです。 そこで復刊を検討中で、 参考のためのアンケートが実施されるということですね。 石井桃子さんが、 岩波少年文庫の編集責任者になり、 少年文庫が創刊されたのが195…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの本(古典)を楽しむ会 ~リスト~ 

やらなきゃ~と思っていたら、 Kさんが今まで読んできた本の一覧を作ってくださいました\(^O^)/ もう8年もやっているらしい(笑) 2012年 5月 『ジャングル・ブック』 ラディヤード・キップリング 7月 『ディダコイ』 ルーマー・ゴッデン 9月 『ツバメ号とアマゾン号』 アーサー・ランサム 11月 『飛ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの本(古典)を楽しむ会

先日7/1は読書会でした。 今回は、 『イシ ―二つの世界に生きたインディアンの物語』(シオドーラ・クローバー/著 中野好夫・中村妙子/訳 岩波書店) イシ―二つの世界に生きたインディアンの物語 この本は、参加者全員好感触(*^。^*) 高校時代、学校司書に薦められて読んだというAちゃん。 装丁も内容も、子どもから手に取…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

テレジン収容所の幼い画家たち展

一昨日Sさんに教えていただきました。 川越市立美術館で 「テレジン収容所の幼い画家たち展」が開催されるそうです。 開催期間 2019年7月23日(火曜)~7月28日(日曜)まで          午前10時(初日は午後1時)から午後4時(最終日は正午)まで 開催場所 川越市立美術館 市民ギャラリー 詳しくは→こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとだけ比べてみました

前回の読書会『クマのプーさん』(A.A.ミルン/作 E.H.シェパード/絵 石井桃子/訳 岩波書店)の時、 古いところがあって、 今の子どもにわかるのか? という意見も出ました。 具体的にどの部分が古いのか教えてもらえるとよかったんですが、 具台的には忘れたとのことで・・・ 気になったので、 新訳の本を2種類、図書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新刊

一昨日入ってきた 『中川李枝子  本と子どもが教えてくれたこと』(中川李枝子/著 平凡社) 中川李枝子 本と子どもが教えてくれたこと (のこす言葉KOKORO BOOKLET)平凡社 中川 李枝子 Amazonアソシエイト 語り下ろし自伝シリーズ (のこす言葉KOKORO BOOKLET)の一冊です。 自伝とうた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの本(古典)を楽しむ会

先週の月曜日は、読書会でした。 今回は、 『クマのプーさん』(A.A.ミルン/作 石井桃子/訳 岩波書店) クマのプーさん (岩波少年文庫 (008))岩波書店 A.A.ミルン Amazonアソシエイト クマのプーさん プー横丁にたった家岩波書店 A・A・ミルン Amazonアソシエイト 久々に読み返しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うれしい(*^。^*)

今日お初に来てくださったお客さまは、 お店ができた頃はこの辺に住んでいらしたそうで、 でもお休みが一緒で入る機会がなかったんだそうです。 今は市内でも離れているところにお住まいですが、 たまたま近くにいらしたので、 今日は小5のお嬢さんと一緒に来てくださいました(^O^) 存在を覚えていてくださったこともうれしいので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イースター

今年のイースターは、4/21(日)のようですね。 私はお祝いをしたことがありませんが、 この時期になると思い出す絵本があります。 『ふわふわしっぽと小さな金のくつ』(デュ・ボウズ・ヘイワード/作 マージョリー・フラック/絵 羽島葉子/訳 パルコ出版) ふわふわしっぽと小さな金のくつPARCO出版 デュ・ボウズ ヘイワード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アニバーサリー春のおはなし会

寒っ!{{(>∇<)}} 桜もびっくりですね。 雪は一時で(^。^)ほっ 明日は、暖かくなってほしいわぁ~ さて 先日7日(日)は、 開店10周年の時からやっていただいている <アニバーサリー春のおはなし会> でしたヽ(^o^)丿 今年のストーリーテラーは・・・   市川純子さん・横浜市立図書館 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新刊のご案内

昨年、出そうで出なかった原田さんの訳書が、 ここで二冊出版されました(^.^) 一冊は、 先月岩波から出版された『夢見る人』(パム・ムニョス・ライアン/作  ピーター・シス/絵 原田勝/訳 岩波書店) 夢見る人岩波書店 パム・ムニョス・ライアン Amazonアソシエイト ノーベル文学賞も取っているチリの詩人ネル…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

子どもの本(古典)を楽しむ会

先日の月曜日は、 読書会でした(^.^) 今回は、 『天からふってきたお金--トルコのホジャのたのしいお話』(アリス・ケルジー/文 岡村和子/訳 和田誠/絵 岩波書店) でした。 天からふってきたお金―トルコのホジャのたのしいお話 (岩波おはなしの本 (9))岩波書店 アリス・ケルジー Amazonアソシエイト …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JBBY子どもの本の翻訳フォーラム

先日、原田勝さんから <JBBY子どもの本の翻訳フォーラム> のチラシを頂きました(^.^) こんな感じ↓ 第1回JBBY子どもの本の翻訳フォーラム テーマ:物語の翻訳を考える〔日⇔英〕 日本の子どもたちには、日本の作家による創作と並んで、翻訳の子どもの本も必要だと考えています。第1回は、日⇒英、英⇒日の翻訳…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プーさん展

今日から、 渋谷のBunkamuraで <クマのプーさん展>が始まりました(^o^) クマのプーさんというと、 パっと浮かぶのは、 ディズニーキャラクターでしょうか? 原作があることを知らない人も多くなっているのかもしれません。 それはとても悲しいです プーのお話は、 A.A.ミルンの文章…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもの本(古典)を楽しむ会

先日28日(月)は、読書会でした。 今回は、 昨年少年文庫で復活した『魔女のむすこたち』(カレル・ポラーチェク/作 小野田澄子/訳 岩波書店) 魔女のむすこたち (岩波少年文庫)岩波書店 カレル・ポラーチェク Amazonアソシエイト 都合が悪かったり、体調悪しだったりで、 参加者が少なかったんですが、 私以外の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

児図研神奈川支部

先日、 毎年参加させていただいている児図研神奈川支部の 新年おはなし大会に行ってきました(^.^) 今年は、 45回目のおはなし大会で、 支部は50周年を迎えたとか。 50周年って、凄いわ~ 埼玉支部は、 発足の準備会に私が参加できているので、 せいぜい30年くらい? 今回、私は午後からの参加だったので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好きなひとのもとへ

いつのまにやら絶版になってしまった『こぶたのポインセチア』(フェリシア・ボンド/作 岩崎書店) こぶたのポインセチア (フレンド・ブック)岩崎書店 フェリシア ボンド Amazonアソシエイト 基本図書のリストにいつもバッチリ載りまーーす! という本ではないけれど、 私は出版された時から結構好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスの本

今日は、 なんだかとってもたくさんラッピングをした気がします(*^。^*) この時期、 プレゼントに本を選んでくださるのは、 本当にありがたい! やっぱりクリスマス関係の本がよく出るのですが 最近、大手書店のクリスマス絵本のコーナーを見てみると・・・ うちのラインナ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やかましネットワーク

今日、 岩波書店から 児童書編集部で出している「やかましネットワーク」が 届きました(^.^) 2018.12号no.57です。 これから出る新刊の紹介が中心ですが、 昨日ご紹介した 『ウルスリのすず』(ゼリーナ・ヘンツ/文  アロイス・カリジェ/絵 大塚勇三/訳 岩波書店) と 『大雪』(ゼリーナ・ヘンツ/文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読む力は生きる力

急ですが・・・ 明日、熊谷で 脇明子さんの講演会があるそうです。 熊谷市立図書館の方から情報をいただきました。 <読む力は生きる力> 講師 脇 明子氏 (児童文学者、ノートルダム清心女子大学名誉教授) 日時 2018年12月5日(水) 13:30~15:30 (受付 13:00~) 会場 熊谷市立文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

児童文学サロンno.40

昨日は、池田正孝先生の児童文学サロンでした(^.^) 今回は、 <児童文学・北欧の旅~アンデルセン・リンドグレーン~> 池田先生は、長年、児童文学の舞台になった各地を訪れ、 沢山の写真を撮って私たちに紹介してくださっていて、 その写真は、 石井さんの『児童文学の旅』(石井桃子/著 岩波書店)や サトクリフの少年文庫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more