テーマ:新聞記事

(ー_ー)(-_-;)(ー_ー)

今日の新聞に 元国会事故調調査統括補佐だった方が、 福島第一原発事故でできたこの事故調が解散して7年以上経った今も 事故調の話をするのはなぜか という質問に 事故の背景には、 自らの行動をずっと正当化し、 責任回避を最優先し、 記録を残さないできた不透明な組織と制度があり、 それらを許容する法的な枠組みがあったと事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨日の新聞

毎日、 あり得ない・・・ ということばかり出てきますね。 まったく、まったく--- な記事の中、 昨日の新聞に松岡享子さんのインタビュー記事が載っていました。 <サンタを信じる 大切な力> この記事に興味を持った方は是非『サンタクロースの部屋』(松岡享子/著 こぐま社) も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぐちゃぐちゃ

福島の原発のことがあったのに 再稼働はするし、更に新しく作ろうとする流れが全然理解できないけれど、 よっぽどお金が絡んでいるんだろうなぁ~と想像はしていました。 でも、 こんなにぐちゃぐちゃグダグタにお金が動いていたとは呆れるというかなんというか・・・ 私が川越で図書館員をやっていた時、 どんどん厳しくなって、 業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どう描くか

もう随分前になりますが、 新聞記事で、 弁護士の山口真由さんが取り上げられていたことがありました。 最近、テレビのコメンテーターでよく見かける方で、 北海道の公立中学を卒業後、 筑波大学付属高校に進学し、 東大へ。 在学中に司法試験に合格し、 卒業後は財務省に入省。 その後、ハーバード大学に留学し、 ニューヨーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気候変動

23日ニューヨークで開かれた地球温暖化の防止をめざす国連気候行動サミット。 そこで演説をしたのは16歳のグレタ・トゥンベリさんでした。 あなたたちは私の夢を 子どもの時代を 空っぽな言葉で奪ってきた 苦しんでいる人たちがいる 死にゆく人たちがいる 生態系は破壊され、多くの種の絶滅が始まっている そして、あなたたち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロングセラー絵本の力

9/21の新聞に少年院での読み聞かせの記事がありました。 以前ご紹介した奈良少年刑務所ではなく、 別の場所、別の方の記事です。 震災などで心に傷を負った子どもたちのケアについて学んだ司書の方の実践が紹介されていました。 その中で、 『チムとゆうかんなせんちょうさん』(エドワード・アーディゾーニ/作 瀬田貞二/訳 福…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲノム編集か・・・

9/20の新聞にゲノム編集の記事がありました。 ゲノム編集した食品について、 外部遺伝子を入れていない場合、編集したことを表示しなくてもいいことになったらしい。 表示を義務化しても違反を判別する検査法がないからなのだとか。 酷い 人間の都合で勝手に遺伝子を編集する。 遺伝子組み換えも嫌ですけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教育者って

世の中は、小泉さんの入閣で盛り上がっているのかもしれませんが、 そんなことより、 文科大臣が、、、、 ここのところ、ずっと文科大臣は酷いですけど、 今回は、更に嫌な感じがしています。 今朝の新聞には、現大臣のことが載っていました。 高校生のツイッターにコメントしたらしい。 そもそもは、入試改革に反対する先生との…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館・・・

昨日も 県内、県外と図書館関係者が遊びに来てくれたので またまた図書館の話をし、 今日は全然関係者じゃない常連さんとも。 今日は無理矢理?(^_^;) 常連さんも 映画を観てみたいと言ってくださったけど、 一般の方に3時間半は、 是非是非! とはなかなか(^_^;) 今日の朝日新聞社説にも 「図書」20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

咲いた!

枯れた?(^_^;) と思っても、とりあえず春には復活してくれるルリマツリですが、 ここ何年か、葉っぱは元気そうなのに 花は咲いてくれませんでした(;_:) 今年も春に気配がなかったので、 ダメか と諦めていたら・・・ 咲いてましたぁーーーーーーーーーーーー\(^o^)/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこへ向かっているのか

2021年に導入される「大学入学共通テスト」のプレテストとして 駐車場使用契約書、 生徒会規約などが、 問題文になっているらしい。 で 共通テストの新問題に向けて高校の「国語」の内容も変わるらしい。 新問題に対応するような実用文を扱う授業となるのだそうな。 文学は、選択科目になるらしい。 選択肢に文学はあるけれど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の新聞

今日の朝日朝刊の社説・・・ふたつのテーマのうちひとつが公共図書館でした。 ---公共図書館 開かれた「知の宝庫」--- やっぱり映画「ニューヨーク公共図書館」の公開が影響しているようですね。 しばらく前にがっかりした天声人語よりはまともでした~ ってまたしても上から目線ですみのせんm(__)m 特に後半の文章が大切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

がっかり

今、岩波ホールでやっている「ニューヨーク公共図書館」を 観た方いらっしゃいますか? ここのところ、時々その話が出て 昨日もその話をしました。 でも、 なんせ3時間超えの映画なので、 休憩が入るとはいえ、 腰が・・・(^_^;) そして、観終ったあと、空しさが残るんじゃないかと行くのをためらっています。 美術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱりおかしい

今朝も新聞を読んでいると、 大事なところが、どんどん壊れていくような感じがしてしまう。 国立大学が、 何年か前から、 独立行政法人になって大変そうだな~と思っていましたけど、 今日の新聞で更に(>_<) 交付金配分の仕方が・・・ 結局のところ、 経済に結びつかないようなことをやっているのでは お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス

クリスマスということで、 昨日の<折々のことば>に 『ビロードのうさぎ』(マージョリィ・W・ビアンコ/原作 酒井駒子/絵・抄訳 プロンズ新社) の文章が紹介されていました。 現在<折々のことば>を担当されている鷲田さんは、 凄い方なんだと思います。 しかーーーし、 その文章の出典としてこの本って・・・どうでしょう?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

折々のことば

今日の朝日新聞<折々のことば>では、 ヴィクトール・E・フランクルの言葉が取り上げられていました。 人生から何をわれわれはまだ期待できるかが問題ではなくて、 むしろ人生が何をわれわれから期待しているかが問題なのである アウシュヴィッツ収容所体験をし、 『夜と霧』(霜山徳爾/訳 みすず書房)を書いた精神科医の言葉ですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽減税率

今日、新聞に大きく 本が好き この国の未来のために、出版物に経験税率を。 という広告が載っていました。 記載されている団体名を見ると 子どもの本に関係する団体からの要望のようですね。 確かに消費税が10%になると 益々本は売れなくなるでしょう。 個人はもちろん、 図書館や学校、保育園なども買える冊数が、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書週間

今度の土曜10/27~11/9は、 読書週間ですね。 この読書週間が始まったのは、 終戦2年後だというのが驚きです。 終戦の2年後の1947年(昭和22年)、まだ戦火の傷痕が至るところに残っているとき、 「読書の力によって、平和な文化国家を創ろう」と決意をひとつに、 出版社、取次会社、書店と公共図書館が力を合わせ、さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうなってる?

先月7/29の朝日新聞<文化・文芸>欄で 気になる記事がありました。 タイトルは 「安易な有害図書規制 自殺行為」   書いているのは、津田大介さん(ジャーナリスト) 6/27のyahoo!ニュースに出た 「出版界は『軽減税率適用』のために『表現の自由』を手放すのか?」(植村八潮) について書かれている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳の緊張

台風は大丈夫でしょうか? 川越は今のところ、落ち着いているようです。 大きな被害が出ませんように。。。 ところで、 先月、26日の朝日新聞で 生物学者の福岡伸一さんが、 こんなことを書いていらっしゃいました↓ 生物の視覚は、動くものに敏感だ。 それは敵あるいは獲物かもしれない。 反射的にすぐ行動する必要がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

14歳の詩

先月、沖縄全戦没者追悼式で、 浦添市立港川中学校3年の相良倫子さんが読んだ平和の詩「生きる」。 私は追悼式の翌日だったか新聞で読んで、凄い! と心を動かされたけれど、 この時期丁度スポーツがお祭り騒ぎになっていて、 あまり報道されず、がっかりでした。 スポーツや楽しいことも取り上げるのはもちろんいいと思うけど、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また復刊ですよ~

赤羽さんの復刊絵本『ほうまん池のかっぱ』(椋鳩十/文 赤羽末吉/絵 BL出版) が入ってきました(^○^) ほうまん池のカッパビーエル出版 椋 鳩十 Amazonアソシエイト by 良いわぁ~(^.^) 復刊されると茂乃さんから伺った時、 なんでイメージできないんだろう? と思ったら、 川越の図書館、持ってま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理解できない

昨日の新聞だったか 日立のイギリス原発事業について載っていました。 その事業に日英政府が融資するらしい。 日本が融資する1兆1億円?には、 政府保証をつけるとのことなので、 何かあった場合は、国民負担になる? 日立が事業を進めるかどうかの最終判断は、 20年の夏らしいのだけど、 イギリスで原発事業をするのは、止め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文庫本

今年の図書館大会で、 文芸春秋社長が、 図書館で文庫本は貸出ししないで、借りないで~ というような発言をしたらしいのですが、 なんだかなぁ。。。 と思っていたところ、 その関連のコラムが、先日5日朝日新聞の<出版時評>に載りました。 やっぱり、なんだかなぁ。。。です(笑) 社長さんは、 文庫の売り上げが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古本募金

これはちょっといいかも? 一ヶ月くらい前、新聞の埼玉版に載った記事で、 気になったものがありました。 読まなくなった本などを送ると 査定額に応じて、 自分の支援したい団体に現金を募金してくれる・・・ そんなことをしている団体が県内にあるらしい。 団体名は「きしゃぽん」 このサイトを見ると 本・DVD…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

インテリアか。。。

先日、5/29の朝日新聞で読んで驚いたこと。 来年、山口県周南市で開館する図書館は、 <ツタヤ図書館>らしいのだけど(-_-) その図書館に置くインテリアとして、 中が空洞のダミー本、3万5千冊を約152万円で購入することを計画しているらしい。 なんじゃそれ? 2階まで突き抜ける高架書架にして、 本に囲まれた空…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

どんどん忘れる

読んだ本の内容もすぐ忘れるし、 結構たくさんお喋りしたお客さまも それっきり、しばらくお会いしないと、 えーーと、 図書館関係の方だっけ? 先生?保育士の方? うーーむ(^_^;) ということは、しばしば。 先日、師匠のガーデンに行った時も その節は・・・ ととってもご丁寧にお礼を言ってくださった方がいらしたのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうなってるの?

ここのところ、教科書検定の記事が出てますね~ 小学校の道徳の教科書で、 パン屋の表記を 和菓子屋に変更したとか、 アスレチックの遊具で遊ぶ公園を 和楽器を売る店に差し替えた とか、 文科省は、 『我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着をもつ』という点が足りないため~ と説明しているらしいけど・・・ な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

益川さんと高校生

今日は寒かったですね~{{{{( ̄▼ ̄)}}}}!! 川越は、みぞれ模様でした。 毎日、新聞記事を読んでは、 うーーむ なことばかりですが、 先日、嬉しい新聞記事をみつけました。 県内の高校生と ノーベル物理学賞を受賞した京都大名誉教授益川敏英さんが、 対談するらしいんです。 テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無事で良かった

少し前、 報告することがあって、久々にSちゃんにメールをしたら・・・ 明後日からタジキスタンに行ってきます! と。 ん? タジキスタン? マジ? SVAのアフガニスタン学校図書館支援のお手伝いらしい。 でも、流石に今アフガニスタンは危険すぎて日本人は入れないので、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more