テーマ:絵本

プレゼントBOX

「いやだいやだの絵本 プレゼントBOX」(せなけいこ/作 福音館書店) というのが出ましたよ~(*^。^*) いやだいやだの絵本 プレゼントBOX (福音館あかちゃんの絵本) 出版50周年を記念して作られたようです。 『ねないこだれだ』『いやだいやだ』『もじゃもじゃ』『にんじん』のペーパーバック4冊 とミニトートバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おだんごぱん

時々来てくれるお父さんとちびちゃん。 今日は午前中に来てくれました(^.^) 今日もお父さんは絵本選び。。。 もうすぐ4歳になるちびちゃんは、お店にあるおもちゃでごっこ遊び。 私は、やってしまわねば!の仕事をしつつ、 様子を見て・・・ 取り急ぎの仕事はなんとかなったので、 ちびちゃんに 絵本読む?{%ウィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会Ⅱ(2)

27日は、絵本を楽しむよみっこの会Ⅱの第2回目でした。 今回は、読み進めている『えほんのせかい こどものせかい』(松岡享子/著 日本エディタースクール、文芸春秋)に入る前に、 前回出た質問で保留のものがありましたので、 その回答から。。。 ひとつめの質問は、 ○『むぎばたけ』(アリスン・アトリー/作 片山健/絵 福音館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロングセラー絵本の力

9/21の新聞に少年院での読み聞かせの記事がありました。 以前ご紹介した奈良少年刑務所ではなく、 別の場所、別の方の記事です。 震災などで心に傷を負った子どもたちのケアについて学んだ司書の方の実践が紹介されていました。 その中で、 『チムとゆうかんなせんちょうさん』(エドワード・アーディゾーニ/作 瀬田貞二/訳 福…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うれしいことが

書こうと思っていたのに、 いろいろあって、すっかり忘れていました。 先月、ちょっとうれしいことがあったのでした。 『チムとゆうかんなせんちょうさん』(エドワード・アーディゾーニ/作 せたていじ/訳 福音館書店)を講座で使いたくて 図書館の資料検索をしました。 すると、、、 あら、結構、貸出中? と思いながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵本を楽しむよみっこの会Ⅱ

先日から、 <絵本を楽しむよみっこの会Ⅱ>をスタートしました(^.^) Ⅰは、『絵本論』(瀬田貞二/著 福音館書店)を読み進めながら、 子どもにとって 良い絵本とは? 何を残し、何を手渡していけばいいのか・・・などを考えていきました。 『絵本論』はとてもボリュームのあるものなので、 2年以上かけて読み終わりました(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花火大会

今日は、川越の花火大会でした 今年は伊佐沼なので、 お店から帰ってくる道々で見られて綺麗でした(*^。^*) 18時過ぎ頃から、 お店の前を浴衣姿の方々が、 どんどんと・・・ いつも謎なんですが、 みんなどこまで行くんだろう? 伊佐沼まで歩いて行く?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母の友

最新号の「母の友」(福音館)2019.9号 no.796の特集は、 母の友 2019年9月号 特集「絵本選びのヒント ”おもしろい絵本”ってどんな絵本?」 <絵本選びのヒント おもしろい絵本ってどんな絵本?> 松岡享子さんのロングインタビューが掲載されていますよ~ それから、 石井桃子さんと 瀬田貞二さんも取り上げら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

当たり!

お客さまがお探しの絵本がやっと判明しました(^^)v 結局一ヶ月以上かかってしまいました(^_^;) お客さまが子どもの頃に 病院の待合室で見た絵本ということ。 絵本の内容も覚えている範囲で教えていただいていました。 私の記憶では、それらしいものが思い浮かばない・・・ とすると、ロングセラーの基本図書ではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新刊2点

『しずくの首飾り』(ジョーン・エイキン/作 猪熊葉子/訳 岩波書店)が少年文庫になりましたよ~\(^O^)/ しずくの首飾り (岩波少年文庫) 単行本もまだ手に入ります。 当店にも在庫あり(*^^)v ただ、単行本はお高いので、 なかなか(^-^; そして持ち歩くのには重いですからね。 『しずくの首飾り』は、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いいな(*^。^*)

最近、若い方がちょこちょこ来てくださる。 なんでだろう?(笑) 昨日は、 少し前にちびちゃんと来てくださった方が、 旦那さんも一緒に来てくださいました\(^o^)/ 前回来てくださった日、 旦那さんにうちのお店のことをたくさん話してくださったんだそうです 今日来てくださった方は、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

半べそ

時々、お父さんと来てくれるちびちゃん、 今日は、夕方来てくれたんですが、 入ってくるなり、半べそかいていてご機嫌斜めの様子。 どうしたの? と聞くと、 どうやら、お母さんに怒られたらしい(^-^; あれま。 当店で毎度活躍しているオルゴール まずはこれをやるということで、 しばし遊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑草という名の植物は無い

雑草という名の植物は無い。。。 こう言ったのは、 日本の植物学の父といわれた牧野富太郎。 その牧野さんの伝記絵本が出ました(^.^) 『草木とみた夢 牧野富太郎ものがたり』(谷本雄治/文 大野八生/絵 出版ワークス) 草木とみた夢: 牧野富太郎ものがたり出版ワークス 谷本 雄治 Amazonアソシエイト …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新刊絵本

久々に新刊絵本を二冊ご紹介します(^.^) 一冊は、『アレックスとまほうのふね』(キャサリン・ホラバード/文 ヘレン・クレイグ/絵 こだまともこ/訳 徳間書店) アレックスとまほうのふね (児童書)徳間書店 キャサリン・ホラバード Amazonアソシエイト アレックスは、冒険好きの男の子。 椅子をふたつくっつけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

季節の楽しみ~果実

グーズベリーが、今こんな感じでかわいいです(*^。^*)↓ これからもっと熟すとワインカラーになって、 甘味がでてきます。 ワイルドストロベリーは、 いつもよりたくさん食べられました↓ ちっちゃいですが、味が濃くて好き これは、以前、お客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

児童文学サロンno.42

随分日にちが経ってしまいましたが、 今月18日に行われた児童文学サロン<子どもの成長と絵本> のご報告を。 めちゃ忘れて来てますが(^_^;) 講師をお願いしたのは、 絵本作家であり、元福音館書店編集者の荒川薫さん。 荒川さんは、学習院で大野晋氏に師事し、 本来は福音館書店では古語辞典を出版するお仕事をされていたと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

特集展示

先日ご案内しましたが、 「かがくのとも」(福音館書店)出版50年ということで 展示もこんな感じにしました(^o^)↓ 出版50年を記念して、 特別復刊されたのはこちら↓ あれ?『せんせい』が入ってない(^_^;) 『せんせい』(大場 牧夫/文  長 新太/ 絵)のほか、 『かずくらべ』(西内 久典/文 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4巻目は

吉田先生の『連続講座<絵本の愉しみ>』(朝倉書店)は、 現在3巻出ています(^.^) 1巻目は、 『アメリカの絵本 ―黄金期を築いた作家たち』 アメリカの絵本 ―黄金期を築いた作家たち― (連続講座〈絵本の愉しみ〉 1)朝倉書店 吉田 新一 Amazonアソシエイト 2巻目は、 『イギリスの絵本 (上) ─伝統…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かがくのとも50周年

1969年4月に創刊した月刊「かがくのとも」(福音館書店)は、 今年50周年を迎えたのですねヽ(^o^)丿 創刊号は、 ヤブさんの『しっぽのはたらき』(川田健/文 薮内正幸/絵 今泉吉典/監修 福音館書店) です。 しっぽのはたらき (かがくのとも絵本)福音館書店 川田 健 Amazonアソシエイト 「かがくのと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来月の児童文学サロン

来月のサロンは、 絵本作家であり、福音館書店の編集者でもあった 荒川薫さんにお越しいただき、 編集者時代の貴重な思い出とともに、 <子どもの成長と絵本>という切り口でお話を伺います(^.^) 荒川さんが編集者として関わった「こどものとも」は、50号~101号。 『ぐりとぐら』(中川李枝子/文 山脇百合子/絵 福音館書店)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イースター

今年のイースターは、4/21(日)のようですね。 私はお祝いをしたことがありませんが、 この時期になると思い出す絵本があります。 『ふわふわしっぽと小さな金のくつ』(デュ・ボウズ・ヘイワード/作 マージョリー・フラック/絵 羽島葉子/訳 パルコ出版) ふわふわしっぽと小さな金のくつPARCO出版 デュ・ボウズ ヘイワード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜の絵本?

桜の絵本という訳ではありませんが、 この時期、 桜の美しいシーンがすぐ浮かぶ絵本が二冊あります。 二冊とも赤羽さんの作品なんですが、 一冊は、何度もご紹介している日本の昔話絵本、 『みるなのくら』(小澤俊夫/再話 赤羽末吉/画 福音館書店) みるなのくら (日本傑作絵本シリーズ)福音館書店 おざわ としお Amazo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうしました?な日

今日は、久々に どうしました??? というくらい忙しい一日でした(笑) 普通にカフェでした 次から次・・・だったんですが、 タンミングが良い感じだったので、 そんなにお待たせすることもなく(^。^)ほっ ということで私のストレスもなく終了~(笑) み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学絵本

科学系のものは、 物語系に比べるとそんなに出ないのですが、 今日は、 お初のお客さまで しかもカフェ目的に来てくださった方が 『野遊びを楽しむ里山百年図鑑』(松岡達英/作 福音館書店)を買ってくださいました\(^O^)/ 野遊びを楽しむ 里山百年図鑑小学館 松岡 達英 Amazonアソシエイト 松岡さんの絵が美しく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林さんと筒井さん

「母の友」2019.4号(福音館書店)の記事に↓ 『はじめてのおつかい』『あさえとちいさいいもうと』・・・ ふたりが話す、あの絵本の頃 ということで、 筒井頼子さんと林明子さんの対談が載っています。 母の友 2019年4月号 特集「子どもとごはん」福音館書店 2019-03-01 林明子 Amazonアソシエイト …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子どもたちと絵本を読むということ

先日、正置友子さんの『メルロ=ポンティと<子どもと絵本>の現象学 -子どもたちと絵本を読むということ』(風間書房) を読みました。 メルロ=ポンティと〈子どもと絵本〉の現象学: 子どもたちと絵本を読むということ風間書房 2018-10-15 正置友子 Amazonアソシエイト 久々に、 子どもを主軸に考えてくれる研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寂しい

今日またNさん一家が来てくれました(^.^) Nさんちは、 双子の兄弟YくんとTくん、 そして妹のYちゃん、 そしてお母さんといつも4人で来てくれます。 つい先日は、お父さんが初登場でした\(^O^)/ 妹のYちゃんが生まれる前から来てくれているんですが、 このおちびたちは、わたしの癒しなのですよ(笑) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス

クリスマスということで、 昨日の<折々のことば>に 『ビロードのうさぎ』(マージョリィ・W・ビアンコ/原作 酒井駒子/絵・抄訳 プロンズ新社) の文章が紹介されていました。 現在<折々のことば>を担当されている鷲田さんは、 凄い方なんだと思います。 しかーーーし、 その文章の出典としてこの本って・・・どうでしょう?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のあれこれ

今日の<折々のことば>は、 エミリー・ディキンスンでした(^.^) 昨日、お客さまと エミリーの話をしたばかりだったので、 びっくり! エミリーほるぷ出版 マイケル ビダード Amazonアソシエイト 午前中、 いつも通り食材の買い出しに・・・ 今日は、良いお天気だったので、 富士山がくっきり見えました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国ツアー

先日、赤羽茂乃さんから、 来年のツアーのご案内をいただきました(^.^) 赤羽末吉が描いた絵本『あかりの花』のふるさと <中国雲南・貴州 一面の菜の花畑とミャオ族の村々を歩く8日間> 旅行期間 2019.2.25(月)~3.4(月) 旅行代金 289,000円 申込締切 2019.1.25(金) あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more