安野さん

安野光雅さんが亡くなられたと。。。
先月24日だったそうな。
94歳、大往生。
でもでもやっぱり残念です

図書館員になって、まだそんなに経っていなかったと思いますが、
先輩が誘ってくれて、
安野さんの原画展に行ったことがありました。

『旅の絵本』(安野光雅/作 福音館書店)の原画展でした。
ほかの作品もあったかもしれませんが、
憶えていないほど、
『旅の絵本』の原画の印象が強かったということでしょう。
旅の絵本セット (安野光雅の絵本) - 安野 光雅
旅の絵本セット (安野光雅の絵本) - 安野 光雅

連れて行ってくれた先輩に『旅の絵本』の面白さを教えてもらって、
ほぉ~
と思っている頃に原画を見られたという幸運。

あれはどこだったんだろう???

私の若い頃は、
結構頻繁に良い原画展をやっていたんですよね。

安野さんの『旅の絵本』は、
小学校でのブックトークにもよく使いました。
『ウォーリーをさがせ!』(マーティン・ ハンドフォード/作 フレーベル館)が
めちゃめちゃ流行っていた頃、
ほかにもおもろしい絵本があるよ~
と教えたかったんですよね。

ちょっと紹介すると
子どもたちは、飛びついてくれました。
先生たちからも、
子どもたちが取り合いです!
と嬉しい報告をよくうけたものです。

そうそう、
川越市立図書館では、
安野さんの原画展もやりました(*^。^*)

あの頃は、いろいろなことをやりましたね。
若干突っ走り気味だったかもしれませんが(笑)
良いものを見て欲しい、出会ってほしい!
という単純な思いだったと思います。

子どもたちと良い本を結びつけるために
できることは、やってみたかったんですね。

あれこれがんばってやったと思うんですが、
当時、なんであんなにお叱りを受けていたんだろう?
近隣の市町村図書館と比べて、
利用者の方から、よくダメ出しをいただきましたっけ
今考えるとそんなにダメダメじゃなかったと思うんだけど・・・(笑)

ところで、
あの頃原画展担当のJちゃん、、、
どうやって、安野さんの原画までたどり着いたんだっけ???(笑)


話がそれました(^-^;
安野さんには、
まだまだ発信を続けてもらいたかったぁ。。。

かんがえる子ども (福音館の単行本) - 安野 光雅
かんがえる子ども (福音館の単行本) - 安野 光雅

安野光雅 自分の眼で見て、考える (KOKORO BOOKLET―のこす言葉) - 光雅, 安野
安野光雅 自分の眼で見て、考える (KOKORO BOOKLET―のこす言葉) - 光雅, 安野


つい先日、お若い方にご紹介して
『もりのえほん』(安野光雅/作 福音館書店)を買っていただいたばかりでした。。。

もりのえほん (安野光雅の絵本) - 安野 光雅
もりのえほん (安野光雅の絵本) - 安野 光雅
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント