絵本を楽しむよみっこの会Ⅱ(3)

昨日は、よみっこの会Ⅱの第3回目でした。

この会は、
『えほんのせかい こどものせかい』(松岡享子/著)を読み進めながらの会ですが、
昨日は、最後まで読んで来ていただきました。

集団への読み聞かせを成功させるための絵本選びの注意ポイントを
具体的に見ていく中で、
昨日は、特に昔話絵本について比較してみました。

とりあげたのは、
『さるとかに』
『ねむりひめ』
『おおかみと七ひきのこやぎ』

たくさんの昔話絵本が出ていますが、
違いをわかっていただきたく、
お話しました。
わかっていただけたかなぁ。。。?(^-^;

その流れで、初回から保留にしてあった『シナの五にんきょうだい』についても
お話しました。

石井桃子さん、瀬田貞二さん、松岡享子さんの本に出てくる『シナの五にんきょうだい』と
現在手に入る『シナの五にんきょうだい』(瑞雲舎)は、
違うのだということを理解していただきたかったので、
少しお話しました。

今回も全体的に、私の言いたいことが空回りしている気がする・・・
あ、瀬田さんの文章の良さについてお話しするつもりが忘れたぁーーー



会の後半はいつものようにメンバーのよみっこタイム。
今回読んでくださったのは、

○『くまのコールテンくん』(ドン・フリーマン/作  松岡享子/訳 偕成社)  Oさん

○『てぶくろがいっぱい』(フローレンス・スロボドキン/文  ルイス・ スロボドキン/絵 三原泉/訳 偕成社) Wさん

○『ライオンとネズミ』(ラ・フォンテーヌ/文 ブライアン・ワイルドスミス/絵 らくだ出版) Oさん

○『三びきのやぎのがらがらどん』(マーシャ・ブラウン/絵 瀬田貞二/訳 福音館書店) Nさん

○『大きいツリー 小さいツリー』(ロバート・ バリー/作 光吉夏弥/訳 大日本図書) Oさん


読んでもらうことによって
いろいろなことが見えてくるかと思います。


遠方からの来てくださっている方もありますが、
残り2回も楽しみましょう(*^。^*)






















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント