おだんごぱん

時々来てくれるお父さんとちびちゃん。
今日は午前中に来てくれました(^.^)

今日もお父さんは絵本選び。。。
もうすぐ4歳になるちびちゃんは、お店にあるおもちゃでごっこ遊び。

私は、やってしまわねば!の仕事をしつつ、
様子を見て・・・

取り急ぎの仕事はなんとかなったので、
ちびちゃんに

絵本読む?

と聞くと

うん

何読もうか~

と聞くと

まず手に取ったのが
『万次郎さんとおにぎり』(本田 いづみ/ぶん 北村 人/え 福音館書店)
でした。
万次郎さんとおにぎり (幼児絵本シリーズ)
万次郎さんとおにぎり (幼児絵本シリーズ)
おお~この絵本、私好きなんですよね
大人には何度か読んだことがありますが、
おちびに読んだことがないので、
わーい、読むぜぇ~
と思ったら・・・

もう一冊手に取って、、、
それは、『おだんごぱん』ロシア民話(せた ていじ/やく わきたかず/え 福音館書店)でした。
おだんごぱん (日本傑作絵本シリーズ)
おだんごぱん (日本傑作絵本シリーズ)

どっちにしよっか?

と聞くと

『おだんごぱん』をとのご希望で
万次郎さんは、さようなら~でした(笑)

で早速『おだんごぱん』読み始めましたが、
かなーーり久々だったので、
歌が結構めちゃくちゃ(爆)

ま、適当でいいんですけど、
あまりにも適当すぎて、心の中で笑えてきた私(笑)

それでも、
とってもよく聞いてくれてたので、
良かったぁ~(^。^)ほっ

お・し・ま・い

と言うと
背後で聞いていたお父さんが、

それ、読んでもらった気がします!
それ、買ってもいいですか?

と。

ほぉ~ありがとうございます!\(^o^)/

このお父さん、
小さい頃、たくさん読んでもらっているようなんですよね。

あ、「ももたろう」は、ありますか?

とのことだったので、
当然、赤羽さんの『ももたろう』(松居直/文 赤羽末吉/画 福音館書店)をお見せすると
ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)
ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)

あ、この絵だった気がします!

とそれもお買い上げくださいました。

ありがたいなぁ。。。

今朝の新聞に某出版社の絵本シリーズが、
どーーーーーんと宣伝されていましたが、
日本の昔話も世界の昔話も
みんな同じトーンのアニメ。
色調も一緒だし・・・
再話もね。

このシリーズで出会うか
赤羽さんのように
子どもたちのために
最高のものを!との思いで作りあげられた絵本で出会うか。

どちらを子どもに手渡すか。

子どもの心の奥の方に
残るのは、
赤羽さんの方だと思います

































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント