かがくのとも50周年

1969年4月に創刊した月刊「かがくのとも」(福音館書店)は、
今年50周年を迎えたのですねヽ(^o^)丿

創刊号は、
ヤブさんの『しっぽのはたらき』(川田健/文 薮内正幸/絵 今泉吉典/監修 福音館書店)
です。

しっぽのはたらき (かがくのとも絵本)
福音館書店
川田 健

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


「かがくのとも」は、
ずっと子どもたちに
身近な科学の不思議をとどけてくれています。

50周年を記念して、
先日、
『かがくのとものもと -月刊科学絵本「かがくのとも」の50年』(福音館書店)が
出版されました(^○^)


かがくのとものもと 月刊科学絵本「かがくのとも」の50年 (福音館の単行本)
福音館書店
寄藤文平+吉田考宏(文平銀座)デザイン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



月刊「こどものとも」が50周年を迎えた2005年に出版された
『おじいさんがかぶをうえました』(福音館書店)も
50年を振り返った貴重な記事と、
そして
何より圧巻だったのは、
バックナンバー全ての表紙と内容紹介でした!




なんだか幸せな気分になってしまう『おじいさんがかぶをうえました』
でしたが、
今回の『かがくのとものもと』にも
600号までの表紙と内容紹介が掲載されています

ゆっくり眺めて、
ふんふん、これはよく使ったわ~
小学校でのブツクトークにも使ったなぁ~
とか、しみじみ(笑)

中には、忘れているものもたくさんあるので

ああ、こんなのもあったっけ!

とうれしい発見ができたりと
なかなか楽しいですよ(*^。^*)

主な作家さんが書いた月刊誌折り込み付録の文章も
いくつか載っていますし、
松居さんが100号を迎えた時に書かれた文も再録されているんですが、
「かがくのとも」創刊のイメージのベースが
ポール・アザールの『本・子ども・大人』(ポール・アザール/著 矢崎源九郎/訳 紀伊國屋書店)と
リリアン・H・スミスの『児童文学論』(リリアン・H・スミス/著 石井桃子、瀬田貞二、渡辺茂男/訳 岩波書店)
だというのは、
流石です!

こういう思いで子どもの本を作ってくれている作り手が
今はどれだけいるでしょうか。。。

そもそも、この2冊を知らない人も多いのでは?

さて、
50周年関連で出版されたのは、
この『かがくのとものもと』ほかに
絶版になっていた8冊が復刊されました。

こちらは来週入ってくるはずですので、
ご紹介はまたその時に

『かがくのとものもと』は、
現在、在庫ありでーーす(^^)v


ガーデニングも
身近な科学満載です











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント