やっぱりおかしい

今朝も新聞を読んでいると、
大事なところが、どんどん壊れていくような感じがしてしまう。

国立大学が、
何年か前から、
独立行政法人になって大変そうだな~と思っていましたけど、
今日の新聞で更に(>_<)

交付金配分の仕方が・・・

結局のところ、
経済に結びつかないようなことをやっているのでは
お金がつかないってことですね。

政権というか経団連の望むことをしていかないといけない。

これって大学がやることなのか?
大学って、
お金をうみだす人を育てるんじゃなくて、
人間を育てるところですよね。

経済利益だけを考えた教育をして、
スカスカの人間がたくさん社会に出ていく。
それって、
いずれ経済もガタガタになるってことなんじゃ?

大学をお金で思うように動かしていいんだろうか?

図書館もここ数年壊れてきていて、
川越もいよいよ危なくなってきています。

図書館の指定管理者制度。。。
管理・運営まで民間業者に委託するってことですね。

図書館の指定管理は、
失敗例もいろいろ出てきているのに
どうして止まらないのだろう?
と思っていたら、
今朝の大学の話にとても似ている構図がありました。

総務省からのお達し・・・↓

○ 歳出の効率化を推進する観点から、民間委託等の業務改革を実施している地方団体の経費水準を地方交付税の基準財政需要額の算定に反映するトップランナー方式を推進。

要は、民間委託などを推進していない自治体には、地方交付税はあげないかも~
ってことですよね。

こう言われたら、
民間委託を推進するしかないですね。

このトップランナー方式は、日本図書館協会の声明などによって
一応図書館業務は外されたらしいのですが、
外されたことを業務改革などの担当者は知っているんだろうか?

とにかく
これについても
お金で自治体を縛るというか
思い通りに動かすやり方。

もちろん、無駄なことは見直すべきですけど、
川越の場合、既に民間に委託できる部分は委託してるし・・・
あとは、運営自体の丸投げ・・・指定管理者制度になるわけです。
その実施が32年度と出てしまいました。

このことが出たことも、
市民は知らないのではないでしょうか?

殆どのひとが知らない状態で、
実施されるんだろうか?
それでいいの?

お金で縛る話は、
今朝の新聞にもうひとつありました。

岩国基地の話。
私は、ここは首相のお膝元だから、
okなのか~
と思っていたんですが、
実は、
住民投票で、
9割近くのひとが反対という意志を示したんだそうな。
でも、
その結果、
補助金が凍結されたんだとか。
で仕方なく・・・
ってことらしい。

このやり方は、
沖縄もそうだし、
原発のこともそうだし・・・


うーーん
民主主義って何?

























この記事へのコメント