軽減税率

今日、新聞に大きく

本が好き
この国の未来のために、出版物に経験税率を。

という広告が載っていました。
記載されている団体名を見ると
子どもの本に関係する団体からの要望のようですね。

確かに消費税が10%になると
益々本は売れなくなるでしょう。

個人はもちろん、
図書館や学校、保育園なども買える冊数が、
もっともっと減る。

できることなら、
10%は勘弁して欲しいというのが、本音です。

ただ、
以前書いたと思いますが、
出版界が、書籍も軽減税率の対象にしてほしいという要望を出した時、
政府が出してきた条件は、
「有害図書排除の仕組みの構築」。。。

有害図書の排除という条件を出し、
それを受けて、
出版界は、第三者委員会を設置し、排除する仕組みを構築すると言っているようです。

でもこの有害図書って、とても曖昧。
今は、性暴力表現・・・と言っているようですが、
もしこれで、政権側に借りを作ってしまったような形になって、
将来的に政権に不都合な内容の本も排除対象にという要請が来た場合、
どうなるんだろう?
とか。

考えすぎなのかもしれませんが、
今の政権は、ありえなーーーい(>_<)
ってこと結構やっちゃっているので心配になるわけです。

イタリアは、ポルノ税というのを付加しているらしい。
ふむ、ポルノ税ならいいか?(^_^;)


とにかく、
安易に政府の出してきた条件に乗るのもどうかと。
借りをつくるのも、危険なような。。。


いづれにしても、
本に限らず、10%はきついですが(;_:)






























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント