また復刊ですよ~

赤羽さんの復刊絵本『ほうまん池のかっぱ』(椋鳩十/文 赤羽末吉/絵 BL出版)
が入ってきました(^○^)

ほうまん池のカッパ
ビーエル出版
椋 鳩十

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ほうまん池のカッパ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



良いわぁ~(^.^)
復刊されると茂乃さんから伺った時、
なんでイメージできないんだろう?
と思ったら、
川越の図書館、持ってませんでしたぁーーーーーーーー

以前のものは、1975年出版ということで、
私が図書館員になるより10年くらい前で、
その頃、川越はまだ子どもの本のサービスを
あまりやっていなかったんですよね。

川越の図書館は、元々郷土資料で有名な図書館だったので。

そして、銀河社から出版されていたようですが、
若干地味な出版社なので、
流通がいまいちだったのでしょうか?
県内の図書館を見ても
絵本としては、持っていないところが殆ど。

種子島に伝わる昔話。
不思議でちょっと怖くて・・面白いです(^.^)

随所に出てくる擬音語も楽しいし、
何より、
やっぱり赤羽さんの絵が、良いっ!!

子どもに読んでみたいなぁ~

高学年にも使えると思いますので、
読みボラの方々~練習して是非読んでみてください

この絵本より少し前に
童心社創業60周年記念で復刊された『へそとりごろべえ』(赤羽末吉/作 童心社)も
順調に売れています(^^)v

へそとり ごろべえ (復刊傑作絵本 ことばと詩のえほん)
童心社
赤羽 末吉

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by へそとり  ごろべえ (復刊傑作絵本 ことばと詩のえほん) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



リズムが良くて、
とーーーっても楽しいです

ごろべえが、いろいろな生きもののおへそを取っていくんですが、
勢いづいて
とうとう自分のおへそも取りたくなっちゃう(笑)

子どもの姿そのもので、
わかるわぁ~
という感じ

最後のページに出てくるUFOは、
なくてもよかったかな?
と私は思いますが、
多分これを書かれた時、
UFOが流行っていて、
書いたらきっと子どもが喜ぶだろう~
という赤羽さんのサービスでしょうね。
調子が出ちゃったというか(笑)

茂乃さんからいただいたこの絵本は、
閲覧用に置いてあるんですが、
先日、おちびがお母さんに読んでもらっていました(*^。^*)

ところどころ聞こえてくるだけでも、
音とリズムが楽しい

赤羽さんの絵本は、
まだ復刊予定のものがあるようです。
お楽しみに


ところで、、、、、、

トランプさん、「核態勢の見直し」だって?
小型の使いやすい核兵器を開発するだって?
通常兵器やサイバー攻撃を受けた場合にも使うかもだって?
この発表を河野さんというか日本の政府は、
高く評価するだって?

全く理解できない










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント