インテリアか。。。

先日、5/29の朝日新聞で読んで驚いたこと。

来年、山口県周南市で開館する図書館は、
<ツタヤ図書館>らしいのだけど(-_-)
その図書館に置くインテリアとして、
中が空洞のダミー本、3万5千冊を約152万円で購入することを計画しているらしい。

なんじゃそれ?

2階まで突き抜ける高架書架にして、
本に囲まれた空間を演出するんだそうな。


手が届かない場所に、洋書やダミー本を置く。。。ということらしい。

図書館全体の本棚の容量の1/3がダミー本になる計算。

有り得ん

確かに演出も雰囲気作りとして必要でしょう。
そして、
その辺は、公務員である図書館員は下手かもしれない。
でも、
やっぱり市の職員としてやるべきことは、
市民の財産になる蔵書作りであって、
インテリア作りではないと思うのだけど・・・

そこがやっぱり直営の図書館と
民営の図書館では、発想が違ってくる。

もちろん、民間の会社が、本当に独自に私設の図書館をやるなら
自由にどうぞだけど、
市立図書館だとしたら、
それは、税金でやっている訳だから、
その税金がちゃんと市民に還元されないといけない。

ダミー本は、還元になるんだろうか?
それに洋書は、最初から利用がないという前提なの?
変なのぉ~

利用がないものを税金で買うっていう発想は、公務員にはないわ~

高架書架にしないで、
壁に絵などを設置するとしても、
150万とかかかるのかな?
ものによっては、かかるか?

それでも、
元図書館員としては、
中身のない空洞の本が、3万冊も並んでいるかと思うと
空しすぎる。


この記事を書いた記者は、
このことを今の日本の政治に絡めて書いていたけど、
政治に限らず、
一見、良いように見せて
それに騙されて・・・ということが多いような

騙されたくないんだよぉーーー

本質を見て行かないと。


こんな青いことを言ってるから、
公務員を二度も辞めることになっている訳ですが(^_^;)






























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

Itoh
2017年06月10日 19:39
私もその話を聞いたときは「ばっかじゃないの?!」とあきれましたが、その後、どこかの市議会議員が「新しい図書館を視察に行ったら棚に隙間があった。けしからん!」とツイートしてるのを見て、そういう人がいるからかもしれないなあ、と思いました。とりあえずダミーを入れておいて、新刊を買うたびに差し替えていけば文句は出ないのかも(^^;)。
eb
2017年06月11日 08:00
>Itohさん コメントありがとうございます(^.^) 議員さんが、「棚に隙間があった。けしからん!」と思ってくれたら、しめたものなんですよね~ 資料費の予算要求ができますから
ですから、ダミーで埋めちゃうとダメかな?(^_^;)

新聞記事に載っていた図書館は、2階までの吹き抜けに作った高書架で、利用者には手が届かない書架へのダミーですから、ずーーっとダミーでしょうね
Itoh
2017年06月11日 23:12
それがですねえ、その議員さんは「あれだけの予算をとってるくせに図書館員が怠慢だから棚に隙間ができる。ツタヤに外注しろ」という意味で言ってたんですよ。図書館関係者ほか多くの人から「これから新刊を入れていく余裕が必要なんですよ」とコメントが山ほどついていましたけど、まるで理解できていませんでしたね。

そのダミー図書館、駅ビルに入るらしいのですが、そのあたりは車社会で駅を使う人が少なく、駐車場が有料だからはやらないだろうと住民が言っている記事も見ました(^^;)。
> http://biz-journal.jp/2017/03/post_18386.html
eb
2017年06月12日 08:20
>Itohさん
>「あれだけの予算をとってるくせに図書館員が怠慢だから棚に隙間ができる。ツタヤに外注しろ」
いやぁ~アホすぎて、まともに相手をしたくないですね(ー_ー)
でも、公務員だった時は、まともに相手をしたくない人たちと日々闘っていた感じです(^_^;)
でも現場は、議員さんだと普通直接説明したりできないので、館長が責任とプライドを持って向かってもらうしかないのんですよね。
そういう上司ってなかなかいませんが(^_^;)

山口のツタヤ図書館・・・はやらないだろう~なんですね。
うーーむ、勿体ない。
大澤さんがコメントしてるんですね