雑誌

4月号の『母の友』(福音館書店)・・・
<絵本作家の書斎>は、松岡享子さんです(^-^)

長野の別荘での取材です
お家の中にあるステンドグラスは、イングリッシュ・ブルーベルなんですよ。
映ってないけど(笑)

お家の周りにも、イングリッシュ・ブルーベルをたくさん植えられたそうな。
果たして、それは本物か!
と余計なことを考える私(笑)

松岡さんの一番古い記憶って、赤ちゃんの時なんだ?
凄いなぁ。。。

今号には、東京子ども図書館が関わっている陸前高田のトレーラーハウス<ちいさいおうち>のことも載っています。

新連載は、
<エルマーのぼうけんができるまで>  
エルマーの作者ルース・S・ガネットさんが、
一昨年来日された時のこと、アメリカにガネットさんをたずねた時のことなどが書かれるようです。
ガネットさん、素敵な方ですね(*^。^*)
次号も楽しみです。


4月号の『MOE』(白泉社)・・・
いま最も注目される絵本作家&インタビューでは、
かこさとしさんが登場!

かこさんの前は、ショーン・タンさんの記事なんですが、

うーーん、全然違う世界だわ(笑)

かこさん曰く、

中学の時、日本や外国の歴史、世の中の動きなどを勉強しなかったために、当時の日本の国策が間違っていたと判断する思慮かなかった。
もっと広い見識をもてなかった。
かしこくないとこういうことになる。
最後は自分が判断を誤らないようにしないと。


自分で正しい判断ができるように
それに役立つような絵本を作りたい。
そんな思いがあるんですね。

大人には、子どもたちをそう育てる役割があると思いますわん。


かこさんって、子どものこと

「子どもさん」
って言うんですよね~そういうとこ好き

『母の友』『MOE』、ともにまだ在庫ありでーーす(^.^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック