Tea time 〜EhonCafeのつぶやき〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 今月の「母の友」

<<   作成日時 : 2018/07/11 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「母の友」8月号(福音館書店)の特集は、
<平和のためにできること>

母の友 2018年8月号 特集「平和のためにできること」
福音館書店
2018-07-03
五味太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 母の友 2018年8月号 特集「平和のためにできること」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



五味太郎さん(絵本作家)
塩原良和さん(社会学者)
谷口真由美さん(法学者)
中脇初枝さん(作家)

が、それぞれの思いを書いています。

私は、谷口さんの考えに近いかなぁ〜(^.^)

憲法の主語を「私」にして読んでほしいという提案もされています。
確かにすっきりわかりやすくなるかもです。


そもそも、
今の憲法と
自民党の改正草案では、
立ち位置が全然違うのですよ。

現憲法で特に凄いと思うのは、
理念を示した前文で、
私たち国民が決意し、宣言しているという点。

でも改正草案では、
主語が国民ではなく、国になってしまっているんです。

私たちが決意して、
平和を宣言するのと

国が国民にこうしましょう!

というのでは、
全然意味合いが違うものになってしまう・・・
というか
違うものにしようとしているということですね。

国民があって、国があるではなくて、
国の下に国民がいるという感じ?

この違いをわかりやすく書いてくれているのが、
以前もご紹介したかと思いますが、
『あたらしい憲法のはなし』(太郎次郎社)

あたらしい憲法草案のはなし
太郎次郎社エディタス
自民党の憲法改正草案を爆発的にひろめる有志連合

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あたらしい憲法草案のはなし の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



改正草案を作った人側に立って、説明してくれているので
どういう風にしたいかがよくわかります。

薄い冊子ですが、
これを読むのは・・・・(^_^;)
と思われる方も、
「母の友」8月号の特集記事だけでも、
ちらっと目を通して、
じゃ、自分はどう思うか、
考えるきっかけにしてもらえるとうれしいなぁ。。。

「母の友」は、
うちの店でも毎月買ってくださっているお客さまが複数いらっしゃいますが、
昔に比べたら、子育て中のお母さんはなかなかぇ〜



先日、
時々来てくれるようになった高校生と話していて、

きゃーーー

とショックを受けたことがありました。

スマホを覗くだけではなく、
いろいろなものを読んで、聞いて、
誰かが言っていたから、
あそこに書いてあったから、
だけで自分の意見にしてしまうのではなく、
それを踏まえた上で、
自分はどう考えるかを整理し直してほしいぞ。

私も高校の時は、
ちゃんと考えていなかったと思いますけどね(^_^;)

今はもう18歳で、いろいろ決めなくちゃいけなくなりましたから




「母の友」・・・
私は、なにげに
<カヨと私>という連載を楽しみにしてたりします(笑)
ヤギを飼っている人、内澤旬子さんが、
ヤギとの日々を綴っています



















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今月の「母の友」 Tea time 〜EhonCafeのつぶやき〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる