Tea time 〜EhonCafeのつぶやき〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の絵本100年の歩み

<<   作成日時 : 2017/11/30 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、
ちひろ美術館でやっている
開館40周年記念W<日本の絵本100年の歩み>に行ってきました(^.^)

赤羽さんやヤブさんの原画も出るみたいだけど、
かなり多くの絵本画家を取り上げているから、
おふたりの原画点数は少ないんだろうなぁ〜
行く?行かない?
どうしようかな〜
でした。

たまたま茂乃さんと別件でメールをやりとりしていると、
茂乃さんから、原画展の話が出て
行くなら声かけて〜
と言っていただきました。

えええーー、茂乃さんと行けるなら絶対行くでしょ

ということで、
なかなか合わないだろうと思っていた日程もすぐ合い、
行ってきたというわけです

去年、ちひろ美術館でやった<赤羽末吉・中国とモンゴルの大地>を見に行った時も
茂乃さんの解説付きで、贅沢に鑑賞しましたが、
今回も\(^O^)/

そうそう、
ヤブさんの原画と赤羽さんの原画は、隣同士で並んでました!

岡本帰一、清水良雄あたりも見られるんですが、
「コドモノクニ」などの表紙を印刷した図録で見た印象が強いんですが、
原画は、ずっと色が優しくて綺麗でした。

「コドモノクニ」の表紙の原画ってあったんだ!

このあたりの時代だと、
やっぱり初山滋さんがダントツな感じですね。

デザインも色も美しい〜

あ、『絵本論』(瀬田貞二/著 福音館書店)の中で、
瀬田さんがよく取り上げている「日本一ノ画噺」シリーズが
数冊展示されていました!

復刻版でしたが、現物を見たのは初めてで・・・多分(^_^;)
こんなに小さい本だったのねぇ〜でした。

これ、もう一度復刻しても良いんじゃないかなぁ〜
売れないかな?

この日、茂乃さんと一緒だったので、
ちひろ美術館の学芸員の方もそばにいてくださいました。

わーい\(^O^)/ということで、
いろいろ気軽に質問しすぎの私(^_^;)

それをちゃんと確認に行ってくださる。。。
お忙しいのに本当にすみません。
ありがとうございましたm(__)m

見ることができる画家の人数は、58人?

今回は、ちひろ美術館に所蔵している原画以外にも多数出ていますが、
日本の絵本画家の原画が、これだけ集まることはなかなかないと
学芸員のTさんも仰っていました。

準備は、さぞかし大変だったことでしょう。

チラシをたくさんいただいてきましたので、
興味がある方は、どうぞ
画像

原画展は、2018年1月31日(水)までやっていますよ〜




そして、実はこの日もうひとつ目的がありました。
ずっと
飲みましょう!
飲みましょう!
と茂乃さんと言っていたんですが、なかなか行けず・・・
やっとこの日に行けることになりました(^^)v

ちひろ美術館でお茶をすることなく、
即行、クラフトビールのお店へ(笑)

差し飲みぃ〜


ありがちですが、、、、
4時間飲んでました(爆)
飲みすぎです(^_^;)

だって、ビール美味しいし、
茂乃さんの話が、面白すぎるんですよ(笑)

笑っちゃう話から、
めちゃめちゃ興味深い話まで、
何時間あっても足らないですね。

すっごい貴重な話もたくさん伺っているんですが、
飲みすぎ故、
かなり忘れました(^_^;)

ま、飲んでいなくても、
どんどん抜けるんですけどね(笑)
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の絵本100年の歩み Tea time 〜EhonCafeのつぶやき〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる