Tea time 〜EhonCafeのつぶやき〜

アクセスカウンタ

zoom RSS あそび読本

<<   作成日時 : 2017/05/13 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年は、『だるまちゃんとてんぐちゃん』(かこさとし/さく 福音館書店)50周年の年なんですが、
その関連でいくつか本が出版されています。

その中の一冊に『だるまちゃんと楽しむ日本の子どものあそび読本』(加古里子/著 福音館書店)
があります(^○^)




これは、1967年に出版された『日本伝承のあそび読本』(加古里子/著 福音館書店)

見直し、書き改めたものです。

@草花や木の実のあそび
A紙をつかうあそび
Bいろいろ工作のあそび
C絵や形をかくあそび
D野はらや広場でのあそび
E手やゆびのあそび
Fあやとりあそび

の項目に分けて懐かしい伝承あそびが109種類紹介されています。

私の年代だと、
やった!やった!
が多いんですが、
地味な遊びで、妙に懐かしいぃぃ〜〜
と思ったものが!

Cで紹介されている
ジャンケンがきの中の
花かきジャン

十の字を書いて、
ジャンケンで勝った人が1本ずつ線を書き足して、
最終的には20回勝つと植木鉢に植わった花が完成する遊び。

やったわぁーーーーーーー

しかし、地味〜(笑)
それでも一時期、
かなり気に入って友だちとやっていた記憶がありますね

それから
私がよくブックトークで使っていた『まほうのわ』(折井 英治、 折井 雅子/著 大日本図書 )
の中で紹介されていたメビウスの輪が
紙の輪切りのふしぎとして紹介されていました!

『まほうのわ』は絶版になってしまったので、
これを使うか。

大人が見ても懐かしくて楽しい本だと思いますが、
伝承あそびを是非、子どもたちにも伝えたいですね(*^。^*)

子どもは多分、
特別なことは求めていなくて、
地味に感じる遊びでも
まわりの大人がそれに付き合って
一緒に楽しんでくれるのが一番うれしいのではないかなぁ〜

最初は、大人がちょっと付き合って遊びを紹介して、
楽しければ
きっと、子どもたちの間でもやってくれる気がするんですけど・・・

まずは、大人がこの本で
子どもに戻って、楽しんでみてくださいな


あ、私が好きな『あさですよ よるですよ』(かこさとし/さく 福音館書店)
もやっと通常出版になりました\(^o^)/

あさですよ よるですよ (幼児絵本シリーズ)
福音館書店
かこ さとし

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あさですよ よるですよ (幼児絵本シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


月刊誌で出た後、
特別にハードカバーで出たことがありましたが、
これからは、普通に手に入ります(^.^)

なんてことはない子どもたちの日常ですが、
普通に幸せが詰まってます(^o^)

絵を見ているだけで
ちびたちが、かわいいし
ところどころ笑えるし、
何気に家具がオシャレだし、、、(笑)

かこさん、91歳・・・素晴らしい


そうそう、かこさん作詞の<だるまちゃん音頭>ってご存知ですか?
今年の夏は、これか?(笑)↓
https://youtu.be/QEPBxxYfLoY


だるまちゃーーーん、だるまちゃーーーん
のところで、
だるまちゃんが手をひらひらさせるところが笑える
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あそび読本 Tea time 〜EhonCafeのつぶやき〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる